■下野・国分寺小 

【いつ】6月11日

【どこで】下野(しもつけ)市国分寺(こくぶんじ)小

【だれが】5年97人

【学んだこと】新聞ができるまで、記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】真岡総局長(もおかそうきょくちょう) 鈴木茂樹(すずきしげき)

【ひとこと】遠藤真峰(えんどうまお)さん(10)「5W1Hなど新聞のルールを初(はじ)めて知り、新聞は奥(おく)が深く面白(おもしろ)いと思った。これからは毎日必(かなら)ず読んでいきたい。見出し付(づ)けは要点(ようてん)を抜(ぬ)き出(だ)し、制限(せいげん)文字数内でつないでいく作業が難(むずか)しかった。上手(じょうず)にできるよう、記事の要約(ようやく)は今後もやりたい」

5年担任(たんにん) 小林平太(こばやしへいた)先生(24)「見出し付(づ)けでは5W1Hを基本(きほん)に言葉を選(えら)び、子どもたちはそれぞれ表現(ひょうげん)を楽しんでいた。子どもたちには、相手に分かりやすく伝(つた)える力を高めてほしい」

[写真説明]昔話から5W1Hを抜き出し、リード文を書く国分寺小児童