■宇都宮・清原北小

【いつ】6月4日

【どこで】宇都宮(うつのみや)市清原北(きよはらきた)小

【だれが】5、6年37人

【学んだこと】新聞のつくり、取材(しゅざい)の仕方、見出しの付(つ)け方(かた)、割(わ)り付(つ)け

【講師(こうし)】運動部記者 穴原功郎(あなはらいさお)

【ひとこと】6年 根岸美羽(ねぎしみう)さん(11)「記事は始めに大切なことを書き5W1Hを盛(も)り込(こ)むなど、書き方が分かって楽しかった。割(わ)り付(つ)けは初(はじ)めて体験(たいけん)したが難(むずか)しかった。修学旅行(しゅうがくりょこう)などの新聞作りに見出しの付(つ)け方(かた)など学んだことを生かしたい」

6年担任(たんにん) 湯沢康介(ゆざわこうすけ)先生(33)「トップ、中ものなど紙面構成(こうせい)を学び、割(わ)り付(つ)けを熱心(ねっしん)に実施(じっし)できた。子どもたちには新聞を作る際(さい)、形だけでなく見出しやリードの内容(ないよう)も充実(じゅうじつ)したものにしてほしい」

[写真説明]割り付けに熱心に取り組む清原北小児童