■壬生・藤井小

【いつ】11月6日

【どこで】壬生(みぶ)町藤井(ふじい)小

【だれが】4年9人、5年7人、6年8人

【学んだこと】新聞記者の仕事、新聞のつくり、見出しの付け方など

【講師】教育支援(きょういくしえん)部 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】5年 明石唯壱(あかしゆいち)君(10)「警察署(けいさつしょ)を担当(たんとう)する記者が、朝早くから夜遅くまで頑張(がんば)って仕事をしていて大変(たいへん)だと思った。5W1Hの文章(ぶんしょう)の書き方や、割り付けなど今日学んだことを、総合(そうごう)の授業(じゅぎょう)で作るかんぴょう新聞に生かしたい」

5年担任 福井美世(ふくいみよ)先生(49)「実際(じっさい)に新聞社員に現場(げんば)の話が聞けて良かった。記事の書き方などを学んだので子どもたちには、身近な新聞から情報(じょうほう)を得て、きちんと意見(いけん)を文章にできるようになってほしい」

[写真説明]割り付けの練習をする藤井小の児童