■那須烏山・荒川中

【いつ】9月4日

【どこで】那須烏山(なすからすやま)市荒川(あらかわ)中

【だれが】1年58人、2年51人

【学んだこと】新聞のつくり、見出しの付け方、割り付けなど

【講師】運動部記者(うんどうぶきしゃ) 桜井誠(さくらいまこと)

【ひとこと】1年 塩田太一(しおだたいち)君(13)「普段(ふだん)何げなく読む新聞がどのように作られているのかよく分かった。インタビュー取材(しゅざい)の仕方(しかた)や5W1Hを含(ふく)めた記事の書き方、割り付けなど学んだことを参考(さんこう)に、授業(じゅぎょう)の課題(かだい)に合わせた新聞を作っていきたい」

飯山倫子(いいやまみちこ)先生(47)「毎日配達(はいたつ)される新聞は、大変(たいへん)な努力(どりょく)の結果(けっか)だと知った。特(とく)に生徒(せいと)たちは見出し付けに興味(きょうみ)を持ち、積極的(せっきょくてき)に楽しんでいた。職場体験(しょくばたいけん)や修学旅行(しゅうがくりょこう)の新聞作りに生かしてほしい」

[写真説明]見出し付けをする荒川中の2年生