■那須塩原・波立小

【いつ】7月9日

【どこで】那須塩原(なすしおばら)市波立(はったち)小

【だれが】5年14人、6年16人

【学んだこと】取材の仕方、見出しの付け方、記者の仕事など

【講師】那須塩原支局長(しきょくちょう) 渡辺達也(わたなべたつや)

【ひとこと】6年 矢古宇乃愛(やこうのあ)さん(12)「新聞社にはデスクという役割の人がいることが分かった。見出しを付けるのは難しかった。これから新聞を作るときは、読みやすい文章を書き、写真を配置(はいち)する場所などに気を付けたい」

6年担任 阿部考樹(あべたかき)先生(34)「専門家(せんもんか)から直接(ちょくせつ)学ぶ貴重(きちょう)な体験ができた。新聞社での働(はたら)き方などキャリア教育(きょういく)としても役立った。子どもたちには、まとめ学習などで、よりよい文章を作るチャレンジをしてほしい」

[写真説明]新聞記事から5W1Hを見つけ出す波立小児童