■宇都宮・五代小

【いつ】6月30日

【どこで】宇都宮市五代(ごだい)小

【だれが】3年136人

【学んだこと】取材(しゅざい)の仕方(しかた)、見出しの付け方、スクラップ新聞など

【講師】整理部記者 小林裕行(こばやしひろゆき)

【ひとこと】山田陽佑(やまだようすけ)君(9)「見出しは少ない文字数(もじすう)で付けることや文章を書くときの5W1Hのことが分かった。新聞スクラップをするときは、いろいろな記事があったので選(えら)ぶ作業(さぎょう)が楽しかった。授業の新聞も上手に作れそう」

3年学年主任 松原典子(まつばらのりこ)先生「見出しや割り付けのことを学び、子どもたちは新聞に興味を持った。文章の5W1Hや短い文言(もんごん)で見出しを付けることなど参考になった。スクラップ新聞は子どもたちが夢中(むちゅう)になっていた」

[写真説明]グループでスクラップ新聞をする五代小の児童