「5W1H」学ぶ/那須塩原市波立小

【いつ】6月24日

【どこで】那須塩原(なすしおばら)市波立(はったち)小

【だれが】4年生13人

【学んだこと】新聞のつくり、見出しの付け方など

【講師(こうし)】デジタル編集(へんしゅう)部記者 桐生(きりゅう)典夫(のりお)

【ひとこと】寺田岳人(てらだがくと)君(10)「見出し、リード、本文は、短い文から長い文になっていることが分かった。5W1Hは難(むずか)しかったけれど、桃太郎(ももたろう)の話で面白(おもしろ)く勉強(べんきょう)することができた。自分も参加した強歩(きょうほ)大会の記事の見出しを考(かんが)えたのが楽しかった」

 伊藤真央(いとうまお)さん(9)「見出しの文字の大きさは全部同じだと思っていたけれど、ニュースの大きさによって文字の大きさも変(か)わることが分かった。自分でも記事を書いてみたいと思った。まだ難しい漢字(かんじ)が多いけれど、少しずつ新聞を読んでみたい」

 [写真説明]新聞を広げて見る那須塩原市波立小4年生