新聞作りに挑戦/宇都宮・上戸祭小

【いつ】7月2日

【どこで】宇都宮市上戸祭(かみとまつり)小

【だれが】上戸祭小放課後子ども教室の3~6年生約30人

【学んだこと】新聞のつくり、見出しの付け方、新聞作り

【講師】荻原恵美子(おぎわらえみこ)くらし文化部記者

【ひとこと】4年弘瀬創(ひろせそう)さん(10)「記事の中から『だれが』『何を(どうした)』などを探(さが)すのが難(むずか)しかった。割(わ)り付(つ)けの練習(れんしゅう)は面白かったです。そろばんのことを一番大きな記事にすることにしました」

 3年岩村直樹(いわむらなおき)君(9)「見てほしい記事を目立たせて作るとか、いろいろなことが分かって良かった。新聞の1ページ目の写真とかテレビ欄はよく見るけど今日新聞塾(じゅく)を受けてもっと新聞を読もうと思いました」

 [写真説明]しもつけ新聞塾で学ぶ上戸祭小放課後子ども教室の児童