【いつ】9月20日
【どこで】小山(おやま)市豊田(とよだ)南小(大芦正幸(おおあしまさゆき)校長)
【だれが】5年生39人
【学んだこと】記事の読(よ)み比(くら)べ、新聞の割(わ)り付(つ)けなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】椿原真央(つばきはらまお)さん(11)「気になった記事をスクラップして感想を書くなど新聞を活用している。記事の価値判断(かちはんだん)をして割(わ)り付(つ)けすることの大切さが分かったので、今後の新聞作りの参考(さんこう)にしたい。視点(してん)の違(ちが)いで記事が変(か)わることも勉強になったので大きなニュースの際(さい)、複(ふく)数紙の読(よ)み比(くら)べをしようと思った」
前沢和美(まえざわかずみ)先生「5W1Hの重要性(じゅうようせい)は普段(ふだん)から話しているが、記事の読(よ)み比(くら)べで抜(ぬ)き出(だ)すのに意外と苦労(くろう)していたようだ。記事の順番(じゅんばん)を決めて写真や見出しをレイアウトし、記事の文字数も固(かた)めることで、いい新聞ができるのではないかと感じた。今回学んだことを生かして、児童(じどう)たちが次に作る新聞の出来が楽しみだ」

[写真説明]記事の読み比べなどを学んだ豊田南小の5年生たち