【いつ】5月23日
【どこで】日光市南原小
【だれが】5年生63人
【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、記事の読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】篠崎優斗(しのざきゆうと)君(11)「世界中の出来事に興味(きょうみ)があり、今までもそういう記事は読んでいたが、記事を書く上での工夫(くふう)や新聞の良(よ)さを学べて、もっとたくさん新聞を読んでみたいと思った。同じ出来事が全然違(ぜんぜんちが)う記事になることを初(はじ)めて知り驚(おどろ)いた。ますます新聞に興味(きょうみ)が湧(わ)いた」
吉江徹(よしえとおる)先生(38)「子どもたちは普段(ふだん)新聞に触(ふ)れる機会(きかい)が少なく、講師(こうし)の方に基本(きほん)から教えてもらえてよかった。昔話をテーマにした分かりやすく楽しい講座(こうざ)で、どんどん夢中(むちゅう)になっていったのが分かった。読者の違(ちが)いや記者の視点(してん)で記事が変(か)わることも実感できた。今後の授業(じゅぎょう)の出発点として、大いに参考(さんこう)になる内容(ないよう)だった」

[写真説明]記事の読み比べなどを学んだ南原小の5年生たち