【いつ】12月17日
【どこで】塩谷町(しおやまち)大宮小
【だれが】5年生29人
【学んだこと】新聞の役割(やくわり)、新聞のつくり、記者の仕事など
【講師(こうし)】栃木支局長(とちぎしきょくちょう) 江戸美佐子(えどみさこ)
【ひとこと】江田悠真(えだゆうま)君(11)「自主学習で新聞記事を読んで感想を書いている。でこぼこした記事の読み方が分からなかったが、今回読み方を教わったので、間違(まちが)いなく読めそうだ。記者はたくさん取材(しゅざい)に行って記事を書かなくてはいけないので大変(たいへん)だと思った。これからも新聞を続(つづ)けて読んでいきたい」
小倉直子(おぐらなおこ)先生(42)「新聞を読んでいる児童(じどう)が少ないので、少しでも新聞に興味(きょうみ)を持って学習してもらおうと受講(じゅこう)した。新聞の役割(やくわり)だけでなく、キャリア教育の視点(してん)からも新聞記者が将来(しょうらい)の職業選択(しょくぎょうせんたく)のヒントになったのではないかと思う。各教科(かくきょうか)で新聞作りがあるので、割(わ)り付(つ)けの仕方なども参考(さんこう)になった」

[写真説明]記者の仕事などを学んだ大宮小の5年生たち