【いつ】11月17日
【どこで】那珂川(なかがわ)町馬頭東(ばとうひがし)小(田邊美代子(たなべみよこ)校長)
【だれが】4年生17人
【学んだこと】記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など
【講師(こうし)】社会部 斎藤愛(さいとうあい)
【ひとこと】関歩夢(せきあゆむ)君(10)「初(はじ)めて新聞を読んだ。記事や見出しを書くには、5W1Hが必要(ひつよう)だと分かった。桃太郎(ももたろう)のリード文作りが楽しく、作文のこつをよく理解(りかい)できた」
 生田目春歌(なまためはるか)先生(29)「文章を書くのが苦手な児童(じどう)が多く、新聞を通して作文の書き方を学べたらと受講(じゅこう)した。5W1Hを意識(いしき)することで、相手に伝(つた)わる文章を書くこつが分かったと思う。新聞を通して、文章を読み取る力、相手の伝(つた)えたいことを理解(りかい)する力を身(み)に付(つ)けてほしい」

 [写真説明]受講する馬頭東小の4年生たち