【いつ】11月2・5日
【どこで】鹿沼(かぬま)市東(ひがし)小(鈴木康夫(すずきやすお)校長)
【だれが】4年生127人
【学んだこと】取材(しゅざい)の仕方・割(わ)り付(つ)けなど
【講師(こうし)】運動部 湯田大士(ゆだだいし)・田井伎(たいたくみ)
【ひとこと】荒川祥恩(あらかわしょおん)君(10)「晩(ばん)ご飯(はん)のインタビューでは、最初(さいしょ)に聞けなかったことを2回目で聞くことができた。桃太郎(ももたろう)の新聞作りは、写真と見出しを組み合わせるのが楽しかった。新聞に興味(きょうみ)が湧(わ)いたので読んでみたい」
 監物快晴(けんもつかいせい)先生(27)「記者の話を直接(ちょくせつ)聞くことで新聞に関心(かんしん)をもってほしいと受講(じゅこう)した。新聞の割(わ)り付(つ)けやインタビューを実際(じっさい)に体験(たいけん)し、教わったポイントが身についたと思う。子どもたちも楽しく活動していた」

 [写真説明]受講する東小の4年生たち(写真は一部加工しています)