【いつ】9月2日
【どこで】大田原(おおたわら)市黒羽(くろばね)小(英由香(はなぶさゆか)校長)
【だれが】5年生25人
【学んだこと】新聞の特性(とくせい)・記事の読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】大田原総局長(そうきょくちょう) 小林治郎(こばやしじろう)
【ひとこと】渡邊陽斗(わたなべはると)君(11)「新聞をきちんと読んだのは初(はじ)めて。お話を聞いて、新聞記者はいつも大変(たいへん)な仕事をしていると思った。新聞のつくりなど、大切な言葉は覚(おぼ)えておこうと思う」
 海老澤雅子(えびさわまさこ)先生「普段(ふだん)の授業(じゅぎょう)では児童(じどう)全員が同じ新聞を同時に読む機会(きかい)がないので、新聞を読む時間を設(もう)けることができて良(よ)かった。これから情報(じょうほう)を取捨選択(しゅしゃせんたく)する力や読み取る力が必要(ひつよう)とされるので、読(よ)み比(くら)べをはじめとした授業(じゅぎょう)は良(よ)い経験(けいけん)になったと思う」

 [写真説明]受講する黒羽小の5年生たち