■日光・小林小4年

【いつ】11月19日
【どこで】日光市小林小(関幸子(せきさちこ)校長)
【だれが】4年生17人
【学んだこと】記事の書き方、新聞の割(わ)り付(つ)けなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】田村色葉(たむらいろは)さん(9)「昔話から新聞記事を考えるのはとても楽しかった。5W1Hを使うことで分かりやすい記事になることは、他(ほか)の文章を書くときにも役立ちそうだと思った。レイアウトを一から考えるのは大変(たいへん)そうだが、今までよりずっといい新聞が作れそうなので頑張(がんば)りたい。新聞を読むのも楽しくなりそうだ」
高橋真由美(たかはしまゆみ)先生「私(わたし)自身新聞作りについて詳(くわ)しく知らなかったので、リード文の役割(やくわり)や価値判断(かちはんだん)の重要性(じゅうようせい)など非常(ひじょう)に勉強になった。記事から見出しを考えるワークでは4年生ならではの視点(してん)、感覚(かんかく)で付(つ)けていてとてもいいなと思った。今後は、調べて感じた驚(おどろ)きを読む人にうまく伝(つた)えられるような新聞を作ってほしい」

[写真説明]記事の書き方などを学んだ小林小の4年生たち