【いつ】10月19日
【どこで】大田原女子高(青木茂実(あおきしげみ)校長)
【だれが】1年生199人
【学んだこと】メディアの比較(ひかく)、記事の読(よ)み比(くら)べ、メディアリテラシーなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】森村和奏(もりむらわかな)さん(16)「情報(じょうほう)を取捨選択(しゅしゃせんたく)することの難(むずか)しさと重要性(じゅうようせい)を学ぶことができた。新聞は毎日必(まいにちかなら)ず読み、重要だと思う記事はチェックしているが、書いてある内容(ないよう)が自分の考えと違(ちが)うと感じることもあるので、別(べつ)の新聞との読(よ)み比(くら)べをしてしっかり自分の意見を持つように心掛(こころが)けたい」
山形慎吾(やまがたしんご)先生(36)「生徒(せいと)たちはSNSで情報を得(え)ることが多く偏(かたよ)った見方になりがちなので、メディアの特徴(とくちょう)を学び、上手(じょうず)に情報を活用してもらいたい。記者の視点(してん)や新聞社のスタンスの違(ちが)いで全く違(ちが)う記事になることが勉強になった。本校が積極的(せっきょくてき)に取り組むSDGs関連(かんれん)の記事がまだまだ少ないことは意外に感じた」

[写真説明]メディアリテラシーなどを学んだ大田原女子高の生徒たち