■日光・足尾小

【いつ】12月14日

【どこで】日光市足尾(にっこうしあしお)小

【だれが】5年生5人

【学んだこと】新聞ができるまで、記者(きしゃ)の仕事(しごと)、取材(しゅざい)の仕方(しかた)など

【講師(こうし)】日光今市総局長(いまいちそうきょくちょう) 斎藤美和子(さいとうみわこ)

【ひとこと】松野愛美(まつのまなみ)さん(11)「一つの新聞ができるまでに、とても多くの人が関(かか)わっていることが分かった。新聞記者の仕事に興味(きょうみ)を持(も)ったので、将来(しょうらい)ちょっとやってみたいかなと思った。インタビューの練習(れんしゅう)では、アドリブを利(き)かせて質問(しつもん)を考えるのが難(むずか)しかったけど、2回目に必要(ひつよう)なことをしっかり聴(き)くことができた」

森山和夫(もりやまかずお)校長(55)「児童(じどう)たちは記者の仕事などを楽しく学び、新聞に対(たい)する理解(りかい)を深(ふか)められたと思う。晩(ばん)ご飯(はん)という身近(みぢか)な素材(そざい)で取材の仕方を実体験(じったいけん)し、コミュニケーションの訓練(くんれん)にもなった。これを機(き)に、新聞を通して世(よ)の中(なか)の出来事(できごと)に興味を持ってもらいたい」

[写真説明]記者の仕事などを学んだ足尾小の5年生たち