■小山・豊田南小

【いつ】7月13日

【どこで】小山市豊田(とよだ)南小

【だれが】5年生29人

【学んだこと】記事(きじ)の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、記事の読(よ)み比(くら)べなど

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】鈴木亜美(すずきあみ)さん(10)「記事の内容(ないよう)が一目で分かる見出しの役割(やくわり)は大切。見出し作りでは記事の内容(ないよう)に合うよう文字数も考え工夫(くふう)した。桃太郎(ももたろう)の記事は5W1Hから自分なりのリード文を書くのが楽しかった。新聞について詳(くわ)しく知ることができて良(よ)かった」

前沢和美(まえざわかずみ)先生「子どもたちが初(はじ)めて知ることが多く、興味(きょうみ)を持(も)って熱心(ねっしん)に聴(き)いていた。実際(じっさい)の記事を題材(だいざい)に教えていただき分かりやすかった。見出しを付(つ)けるポイントが勉強(べんきょう)になり、今後の新聞作りに役立(やくだ)ちそうだ。新聞を学習(がくしゅう)の中で生かし、子どもの読む力や書く力を伸(の)ばしていきたい」

[写真説明]見出しの付け方などを学んだ豊田南小の5年生