■栃木・藤岡第一中

【いつ】10月3日

【どこで】栃木(とちぎ)市藤岡第一(ふじおかだいいち)中

【だれが】3年99人

【学んだこと】スクラップ作品づくり

【講師】教育支援部(きょういくしえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】大塚彩乃(おおつかあやの)さん(15)「新聞スクラップの過程(かてい)で興味(きょうみ)のある記事以外も目に触(ふ)れたので、新たに気になる記事を見つけることができた。テレビだと聞き流してしまう情報(じょうほう)も、新聞だと見出しなどを見ることで知ることができることも分かった。忙(いそが)しい時には、見出しだけでも目を通したい」

3学年主任 江田史江(えだふみえ)先生「新聞に触れるいい機会(きかい)だった。記事を選ぶため真剣(しんけん)に読んでいた。生徒たちには、記事を読むだけではなく、内容(ないよう)について考え、意見(いけん)をきちんと表現(ひょうげん)できるようになってほしい」

[写真説明]スクラップ用の新聞記事を選ぶ藤岡第一中の生徒