取材の仕方学ぶ/宇都宮市古里中

【いつ】6月14日

【どこで】宇都宮(うつのみや)市古里(ふるさと)中

【だれが】3年生115人

【学んだこと】記事の書き方、写真の撮(と)り方など

【講師(こうし)】「教育に新聞」支援室長 岩村由紀乃(いわむらゆきの)

【ひとこと】新井康平(あらいこうへい)君(15)「見出しは記事の中のキーワードからできていることや、新聞記事は最初に重要(じゅうよう)なことを書き、後半はカットされても問題がない作りになっていることが学べた。修学旅行後(しゅうがくりょこうご)の新聞作りに活用したいと思った」

 津谷里紗(つやりさ)さん(14)「記事の内容が一目で分かる見出しの重要さを知ることができた。修学旅行に向けて、京都(きょうと)の世界遺産(せかいいさん)や観光地(かんこうち)の見所(みどころ)などを調べているが、今日習った取材(しゅざい)のポイントや写真の撮り方などを生かして、修学旅行の新聞を完成させたい」

 [写真説明]下野新聞の1面を見て学ぶ宇都宮市古里中3年生