新聞の役割学ぶ/宇都宮短大付属中

【いつ】6月22日

【どこで】宇都宮短大付属中

【だれが】3年生56人と2年生50人

【学んだこと】新聞の役割、見出しの付け方、割り付けの仕方など

【講師】岩村由紀乃(いわむらゆきの)「教育に新聞」支援室長、杉山演(すぎやまひろむ)くらし文化部記者

【ひとこと】3年高山翼(たかやまつばさ)君(14)「相手が一目で内容を理解できるように、見出しを工夫したり、写真のレイアウト一つにも心を配ったりと、舞台裏をのぞくといろいろな発見がありました。あらためて新聞の奥深さを知ることができました」

 2年田口愛来(たぐちなるき)君(14)「限られた文字数で、一番伝えたいことをどのようにまとめるかということが勉強になりました。今後、スピーチなどにも応用し、さまざまな場面で活用できるようにしたいです」