【いつ】1月29日
【どこで】大田原市薄葉(うすば)小
【だれが】5、6年生85人
【学んだこと】新聞のつくり、グラフの見方、写真の構図(こうず)など
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】6年・斎藤理心(さいとうりこ)さん(12)「記事の文章とグラフなどを結(むす)び付(つ)けて見ることで、内容(ないよう)が理解(りかい)しやすくなるということが分かり、これから新聞を読むときに役立つ授業(じゅぎょう)だった。新聞は、好(す)きなスポーツや県内の身近な話題などをよく読んでいる。今まであまり興味(きょうみ)がなかったような記事も、グラフがついていたら読んでみようと思った」
5年担任(たんにん)・鈴木秀明(すずきひであき)先生(32)「新聞に使用されているグラフなどの図や写真は、読者に分かりやすいようさまざまな工夫(くふう)がされていることが印象(いんしょう)に残(のこ)った。グラフの作り方によっては印象操作(いんしょうそうさ)につながるということも分かったので、今後その点に注意して指導(しどう)していきたい」

[写真説明]グラフの見方などを学んだ薄葉小の5年生たち