気分は大食い選手権!?

 

秋といえば食欲の秋。

テレビの番組ではないですが、たまにはおなか一杯になるまで、食べてみるのはいかが。県内にも大盛り以上の「デカ盛り」メニューや、大食いチャレンジメニューのある店もたくさんあります。

今回はそのうちの5軒を紹介します。「フードファイター」になった気分でご覧ください。

 

 

 

 

チャレンジメニュー  ワッフルタワー

Moon Rose   足利

 

高さ35㌢、重さ1.5㌔、17枚のワッフルが積み上げられた「ワッフルタワー」(1620円)。トマトゼリーやアイスクリーム、クッキー、フルーツなどのトッピングも豪華です。10分以内に食べきれば無料に。チャレンジの成功者は5人。ワッフルはシフォンケーキの生地なので、急いで飲み込むと水分を取られて苦戦を強いられるそう。
 同店は市内に2店舗を構えるケーキ店。6年前、通2丁目の1号店「シトロンプラリーネ」にカフェを併設した際にオーナーの森本美和さん(45)が、「地元の高校生に喜んでもらいたい」と、デカ盛りビッグパフェ10分以内完食無料の企画をしたところ、口コミで大人気に。その後、ギャル曽根さんが参戦したことでも注目を浴びました。チャレンジは要予約(2日前まで)。

 

足利市五十部町282の1 
☎0284・20・1715
午前10時~午後7時
水曜・第3木曜休

 

 

チャレンジメニュー  メガ盛ロースかつ丼

定食屋おおはし  高根沢

 

ふたが閉まらない大きな丼。「面白いから」と5年ほど前に始まった約2.3㌔の「メガ盛ロースかつ丼」(普通サイズのサラダ、新香、みそ汁付き。要予約)は、約300人が挑戦し、100人が完食。フードファイターのギャル曽根さんやマックス鈴木さんも完食しています。
 豚ロース肉を2枚重ねた軟らかなミルフィーユカツとこだわりのコシヒカリに上品なたれが優しく染み込みます。
 ルールは①必ず1人で挑戦する②途中退席は棄権とする③気分が悪くなる前に中止する。10分以内に完食すれば無料、30分以内は1300円、時間切れ、ギブアップは2000円。新記録は7分58秒です(10月10日現在)。
 もともとすし屋を営んでいたマスターの大橋清美さん(68)、恵子さん(67)夫妻が多彩なメニューを提供する食堂として再スタート。人気ナンバーワンは「鳥のからあげ定食」(800円)です。

 

高根沢町花岡1000の15
☎028・676・0937
午前11時~午後1時半(OS)、午後5時半~同8時半(OS)
月曜休
 

 

岡繁  大田原

 

総重量は約1.5㌔。大田原市が展開する「与一逸品物語」の一つとして、1年間の期間限定で提供した。「ぜひメニューにしてほしい」との声が多かったため通常サイズ(500㌘)を定番に。「もっと食べたい!」と、2倍、3倍盛りが加わりました。
 飽きずに食べられるように、ハム、ピーマン、タマネギを入れたオムライスの味付けを少し薄目にし、ビーフシチューが引き立つように工夫。熱々でとろけるような柔らかなお肉と一緒に口いっぱい頬張って。
 ランチ時には女性同士やサラリーマン、夜にはファミリー層など大勢でにぎわう店内。「一人ででも、シェアしてでも、食べてくれたみんなが満腹満足で帰ってくれればうれしい」と社長の岡野繁雄さん(65)。「3倍オムビーフライス」はみそ汁付きで2500円(税込み)持ち帰り可。

 

大田原市山の手1の3の9
☎0287・22・2474
ランチ午前11時半~午後2時、夜午後5時~同10時
無休(日曜のランチのみ休み)

 

 

焼きそばキング  宇都宮

 

ギョーザに次いで、焼きそば専門店の多い宇都宮市。同店では、2㌔の焼きそば(2000円)がオーダーできると人気です。
 県内の人気焼きそば店で修業を積んだオーナーの伊藤信さん(38)は、「なかなかないサイズですので、グループで時間に追われず食べて欲しい」と話します。というのも、以前はこの2㌔の焼きそばを20分で食べきるチャレンジメニューを行っていましたが、女性にゆっくり味わってほしいと現在はお休み中(再開未定)。珍しい焼きそばのデカ盛りはそのままに、多くの女性客に自慢の味を届けています。
 焼きそばは、県内製麺所で作る太めの特注麺で、オリジナルソースとだしで甘さを引き出し、しっかり焼き目が入るのが特徴。「がっつり」野菜とひき肉が入っています。

 

宇都宮市花房3の3の36カドリーコーポ102
☎028・637・7723
午前11時~午後7時半(持ち帰り可。250㌘300円から)。
月曜休(祝日営業。イベント出店で臨時休業あり)

 

藤  宇都宮

 

「デカ盛りの聖地」として大きさにこだわるグルメファンが足しげく通います。通常メニューでも十分「うまい、デカい、安い」のですが、以前、大盛りを頼んだ客から「足りない」との声を受け、急きょ、店にあったすり鉢で「デカ盛り」を提供して話題に。
 親子丼(1200円)をはじめ、全6種類のデカ盛りメニューはいずれも4㌔を誇り、特に唐揚丼、カツカレー(いずれも1500円)が人気。オムライス以外はすり鉢の重さが2㌔あるので、全重量は約6㌔を誇ります。食べ切れなかった場合でも持ち帰りができるので、女性客や家族連れの利用も多くあります。
 オーナーの佐藤幸子さんは「弁当屋もやっているので具材は豊富。カレーも自家製。もともと安いのでチャレンジなしで気負わず食べて」と話します。

 

宇都宮市川俣町59の6
☎028・662・5636
午前11時~午後2時、午後5時半~同8時。
無休(月曜の夜のみ休み)