行く 買う
気になる店

さぁ、扉を開けて!
未知への好奇心

 「思わず二度見してしまう外観」や「インパクトがありすぎる品ぞろえ」…。街を歩いていて、不思議な店に出合った経験はありませんか? 一度存在を知ったら、気になって仕方がない。今回はそんな「気になる店」を大特集。魅力的な世界へ、あなたをお連れします。

 

 

コーヒーハウス アルバトロス
那須烏山
圧倒… あふれすぎる個性

 JR烏山駅前で異彩を放つ建物。外観はまるで中世ヨーロッパのよう。かろうじてぶら下がっている看板の文字を見れば、ここが喫茶店であることは分かります。ちょっと勇気を出して店内に入ると、想像を絶するカオスな世界が!
 帽子の似合うマスターは、16歳の時から横浜市の伊勢佐木町のクラブでバーテンダーをしていたと言う和智孝二さん(83)。50年になるという店は、これまで「寅さん」や「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」など映画のロケにも使われています。
 昼間はコーヒー、夜はお酒が飲めます。ごく限られたソファ席で、お薦めの「ジャマイカ」(700円)と共に衝撃の出会いを味わってみては。

今もカウンターに立つマスター和智孝二さん
中世的な雰囲気を漂わす外観。JR烏山駅前通りで独特のオーラを放ちます

 

那須烏山市南2の3の2
☎なし
午前10時ごろ~夜中
㊡なし
Ⓟあり

 

 

 

 

中に入れば…
心もおなかも大満足

 

 
ユニークな看板が目を引く。店舗横のトンネルをくぐり店内に入る

 

Pasta&Dessert  Cafe  APPLE   壬生本店
壬生
テーマパークのワクワクを

 「スパゲッティは運転できません」というユニークな看板が目を引く、創業42周年を迎えるパスタ専門店。
 店内は「アンティーク調」や「洞窟」など各フロアごとに雰囲気が変わり、まるでアミューズメントパークのよう。
 看板の文言の由来は、料理の配達を行っていないことから。
 約30種類のパスタを用意し、自家製トマトソースと濃厚なチーズが絡み合う「モッツァレラチーズのポモドーロ」(Mサイズ1100円)が人気。店長の臼井健太さん(38)は「おいしい料理はもちろん、お客さまに楽しんでもらいたい」と話します。

まるで海外のような雰囲気。トイレは扉が二重になっているなど至る所に遊び心が
洞窟のフロア

 

壬生町安塚3343の33
☎0282・82・4948
午前10時半~午後9時半(OS午後9時)
㊡12月31日、1月1日
Ⓟあり

 

 

 

 

 

 

26年前から変わらない外観


vita
鹿沼
城塞!? 癒やしと美の空間

 住宅街に突如現れる〝石垣〟。「城か!?」と思いきや、正面には美容室、右側の通路を進むともう一つ入り口が。実は、美容室とカフェが併設されたお店なんです。
 以前は「タリアセンウエスト」というカフェでしたが、2019年3月にリニューアルオープン。〝石垣〟の外観はそのまま残し、中だけ改装しました。「住宅街で目立つように、他とは違う外観にしました」とカフェ担当の冨士川年枝さん。
 中庭があり、お客さんからは「季節の移り変わりが見えて癒やされる」と好評。手作りにこだわった料理とデザートでお客さんを迎えます。無骨な外観とは逆に、中はくつろぎと美の空間が広がっていました。

隠れ家に行くかのような通路
白を基調とした明るい店内

鹿沼市万町916の7
☎0289・65・2349
午前11時~午後7時(OS午後6時)
※コロナ禍で短縮中。夜は5人以上で要相談。
㊡月曜、第2・4・5日曜 Ⓟ12台

 

 

 

 

 

かわいいネコのイラスト入り看板。よく見ると他にも仲間がいます

猫パン
小山
猫屋敷!? 「お邪魔します」

 普通の民家の前に立つ「猫ぱん」の看板。おそらく店内、ネコだらけなのを想像しながらドアを開けると、玄関の上がり框(かまち)にどんと構えるショーケースに圧倒されます。
 ずらりと並んだ20種類ほどのパン。「猫バーガー」「肉球」「猫みみパニーニ」「猫しっぽ」など、メニューもほぼネコ一色。看板メニューは具がたっぷりの「猫ピロシキ」(180円)。白猫・黒猫クッキーはギフトにもお薦めです。
 ネコ好きの鈴木岳人さん、有希子さん夫妻が2014年2月22日、「猫の日」に開いた店。ネコ愛にあふれた楽しい雰囲気が、訪れる人の心を和ませます。

ドアを開けると有希子さんの笑顔に迎えられます
具は豚肉、エビ、シイタケ、タケノコ、ニラがたっぷり

 

小山市東城南5の11の1
☎0285・28・3239
午前9時~午後7時(売り切れ次第終了)
㊡水・日曜 Ⓟ3台

 

 

 

元気になれる
未知との遭遇!?

 

クフ王のピラミッドを模した外観

ピラミッド元氣温泉
那須塩原
心身癒やす パワー集結!

 那須野ケ原の自然の中に突如現れるピラミッド。スフィンクスの下を通り中に入ると、巨大な流木や貴重な水晶などが並ぶ。まるで美術館のような雰囲気ですが、天然かけ流しの温泉施設です。
 代表の伊藤雄次郎さん(90)が「氣(き)のエネルギー(ピラミッドパワー)と、温泉との相乗効果で心と体を癒やす場にしたい」という思いで造った施設。建物はエジプトにあるクフ王のピラミッドを正確に10分の1に縮尺し、「エネルギーを最大に集める構造」(伊藤さん)なのだそう。
 温泉は3段階の温度差を用意した大浴場、足湯式ミスト、洞窟露天風呂などがあります。
 ピラミッドパワーが体験できるという予約制の瞑想室も。リラクゼーションに、ぜひ体験してみては。

瞑想室。樹齢数百年の黄金のケヤキの前で瞑想を行います
宝石風呂
洞窟風呂
大浴場。大浴場は39~42度の温度差湯槽で、自分に合った温度で楽しめる

 

那須塩原市接骨木493の4
☎0287・35・4141
午前10時~午後9時
㊡なし
Ⓟあり

 

 

 

 

一度見たら忘れられないインパクトのある看板。歴史を感じるショーウインドーには…!

手塚スッポン店
宇都宮
滋養強壮求め幅広い客層

 店頭看板には「スッポン」「へび」「猿頭」の文字が並び、それだけでインパクトのある店構え。歴史を感じる店にいざ入ると、マムシの蒸し焼きにも出合えます。創業年は不詳で、明治5年または15年だとか。
 看板商品は、4代目手塚豪(たけじ)さん(71)が考案した「スッポン純油」。汚れだけを取り除いたスッポンの油でDHAやEPAを含み、肌の活性化や花粉症などにも効果が期待されるそうです。
 客層は10代の学生からシニアまで幅広く、スマホなどの目の疲れから来店する若者も。スッポンやマムシの蒸し焼きは粉にして販売。抵抗なく飲めるドリンクもあります。ちなみに、気になるサルの頭は一つ30万円です。

「スッポン純油」を手にとってもにこやかな4代目手塚豪さん
スッポンとマムシの蒸し焼きは粉で味わうと香ばしい削り節のよう

 

宇都宮市馬場通り4の3の16
☎028・622・6190
午前10時~午後7時
㊡水・木曜
Ⓟ1台


勇気の一歩で広がる〝新世界〟