「和食 杣」の寺方祐助さんに聞く
餅レシピ

焼き餅がやきもち?!
姿イケもちに!

主食にもおかずにもなる

 

 お正月にお節と共に食べる雑煮。普段から気軽に食べられる餅ですが、焼き餅、きな粉餅、お汁粉など、皆さんはどんな楽しみ方をしていますか。餅の味わい方を広げるべく、アイデアレシピを益子町の「和食 杣」の店主寺方祐助さん、のぞみさん夫妻に教えていただきました。お正月に残った餅を使って、誰でも簡単に作ることができ、いずれも下準備をしたら3つの手順で完成です!
 ※材料は4人分

明石浦の魚や益子産野菜などを使った季節ごとの定食からコース料理まで味わえる「和食 杣」。店主の寺方祐助さん、のぞみさん夫妻
こちらも餅入り! 冬季限定の「鍋焼きうどん」(1380円)が人気です

和食 杣

益子町益子2068の1
☎0285・72・0931
午前11時半~午後1時半、午後5時~同9時(OS午後8時半)
㊡水曜 Ⓟ15台

 

 

 

 


ーーー下準備+3工程で変身!ーーー
*材料はすべて4人分

相性抜群の組み合わせ
めんたいもち春巻き

 

【下準備】
 切り餅2個をそれぞれ4等分の拍子木切りに。キャベツ1/4個を千切りして水でさらす。
 ❶春巻きの皮を下に敷き、カットした餅2個とキャベツ、めんたいこ、ピザ用チーズを載せて包む。
 ❷150~160℃の油できつね色になるまで揚げる。
 ❸カットして盛り付け完成。お好みで、さっぱりポン酢につけてもグッド!

 

 

 


生地の代用にぴったり
かんたんもちピザ

 

【下準備】
 切り餅4個をスライス、ブロッコリー適量を下ゆでし、タマネギ適量をみじん切り、トマト適量をくし切りにする。
 ❶サラダ油大さじ1を敷いたフライパンで餅を柔らかくなるまで焼く。
 ❷①にケチャップ大さじ3、マヨネーズ中さじ1、ベーコン、タマネギ、ピザ用チーズ各適量を順番に乗せてチーズが溶けるまでふたをして蒸し焼きにする。
 ❸カットして盛り付ける。

 

 

 


もっちり 豆がアクセント
おこわ風豆もち入り炊き込み

 

【下準備】
 ゴボウ1/4本をささがきし、ニンジン1/4本をみじん切り、豆餅2枚をさいの目に切る。
 ❶だし360㏄、薄口しょうゆ36㏄、みりん36㏄を火にかけて、冷ます。
 ❷①の冷ましただし360㏄のみを炊飯器に入れる。
 ❸といた米2合、下準備した材料を入れて炊き、完成。

 

 


お餅もすすむ味付け
もちもち肉巻き

 

【下準備】
 切り餅4個をそれぞれ4等分の拍子木切りにする。パプリカ適量を縦にカットする。
 ❶カットした切り餅にしゃぶしゃぶ用豚バラ肉を1枚ずつ巻いていく。
 ❷フライパンを熱して、肉の巻き終わりを下にして中火で焼き全面に焼き色をつける。
 ❸焼いた脂が出るので、パプリカも一緒に炒める。市販の焼き肉のたれを加え絡めたら出来上がり。お好みでさんしょうを。
 ※親子で一緒にできます。油が跳ねるので注意。

 

 


さっぱり揚げ出し風
蓮根挟み焼きみぞれあん掛け

 

【下準備】
 ニンジン1/4本は千切り、大根1/4本はおろし、豆餅4個は半分にカット。
 ❶レンコン1節を3~4㍉くらいの厚さにスライスして水にさらし、2分ゆでざるにあげる。
 ❷①に片栗粉適量をまぶして豆餅を挟み、サラダ油大さじ1を敷いて中火で両面を焼き、器に盛る。
 ❸だし200㏄、薄口しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ1とニンジンを鍋に入れて火にかける。沸騰したら水溶き片栗粉を入れてあんを作り、大根おろしを入れる。②に掛け、ゆず皮と万能ねぎを散らす。