鹿沼産のそば粉を使用したのど越しのいいもりそば

 ソバ畑が広がる粟野地区で、地元の人に愛されるそば店です。店主の安井美津子さんは開業から49年間そばを打ち続けています。

 そば店を始めると決意してから宇都宮の店で修業し、そば作りを基本から教わりました。今でも当時の味を変わらず作り続けています。

 ほとんど毎日通っているという稲葉幹さんのお薦めは「もりそば」(550円)。そば粉は鹿沼産のものを使用。季節によって打ち方を変えており、夏は固く打って麺を細めに、冬は太めにしています。こだわりのつゆはかつお節を削ってだしをとり風味豊かに。安井さんは「寝ても覚めてもそばの事を考えている。初心を忘れず、おいしいそばで地域の人たちに恩返しがしたい」と話します。混み合う時間を避けてのご来店を。

 今週のオススメさん

稲葉幹さん(24)独立行政法人職員・鹿沼

 ボリュームがあってリーズナブル!毎日食べても飽きないおいしさです。日によって変わる小鉢料理も楽しみの一つ。

メモ

住所

鹿沼市口粟野846の4

電話

0289・85・3217

営業時間

午前11時~午後3時(なくなり次第終了)

定休日

土・日曜

駐車場 3台