二段重ねの旬の彩りをたのしめます

 自然豊かな那須烏山の里山の風景に溶け込むような日本料理店は、ことし3月にオープン。初めて訪れた時から、料理はもちろん烏山和紙を使ったきれいなお店の雰囲気も気に入っていると言う榎本真紀子さん。一つ一つ丁寧に盛り付けられた旬の恵みに心が躍ります。

 そんな榎本さんの一押しは「四季彩御膳」(数量限定。ごはん、みそ汁、デザート、煎茶付き1650円)。山海の幸を味わえる充実のメニューです。

 東京日本橋かいわいの割烹(かっぽう)で18年修業するなど腕を磨いてきた親方の中屋正悦さん(64)が、仕入れから調理まで一人でこなします。「地域の皆さんに好まれる料理を作りたい」と話す親方が丹精込めた料理をあうんの呼吸で盛り付けるのは女将のみどりさん(46)。夜は懐石料理が売りです。

榎本真紀子さん・団体職員・那須烏山

 

彩りが美しく、新鮮なお魚や天ぷらなど、すっかりファンになりました。すてきなお店がオープンしてとてもうれしいです。

 【メモ】

那須烏山市上境1141の1

☎0287・83・8202

午前11時~午後3時(OS2時)、午後5時~同9時(OS8時)

月曜休(休日の場合は翌日)

Pあり