【いつ】7月12日
【どこで】下野(しもつけ)市古山(こやま)小(梶原和子(かじはらかずこ)校長)
【だれが】4年生75人
【学んだこと】記事の書き方、取材(しゅざい)の仕方など
【講師(こうし)】くらし文化部 大貫茉伊子(おおぬきまいこ)
【ひとこと】鈴木煌大(すずきこうた)君(9)「新聞のつくりなど新しい言葉を知ることができた。特(とく)に新聞クイズが楽しかった。今日(きょう)習った記事の書き方を使って文を書いたり、5W1Hを見つけながら新聞を読んだりしたい」
 石濱啓貴(いしはまひろたか)先生(41)「家庭での購読(こうどく)や『新聞の日』の取り組みで新聞に触(ふ)れている児童(じどう)が多い。教科書内容(ないよう)の導入(どうにゅう)として、現場(げんば)の記者から生の声を聞けて良(よ)かった。子どもたちにとって難(むずか)しい内容もあったので、これからの授業(じゅぎょう)で復習(ふくしゅう)したい」

 [写真説明]受講する古山小の4年生たち