【いつ】6月11日
【どこで】佐野(さの)市常盤(ときわ)小(石島敦子(いしじまあつこ)校長)
【だれが】4~6年生31人
【学んだこと】記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など
【講師(こうし)】政経(せいけい)部 田崎智亮(たさきともあき)
【ひとこと】6年茂木颯翔(もてぎはやと)君(11)「新聞について分かりやすく教えてもらえた。桃太郎(ももたろう)の見出し作りでは、桃太郎が鬼(おに)を倒(たお)したことが伝(つた)わる見出しになるよう工夫(くふう)した。リード文の書き方を参考(さんこう)に、文章がうまく書けるように頑張(がんば)りたい」
 6年担任(たんにん)・佐藤岳史(さとうたけし)先生(27)「見出し・リード文を作るワークでは、児童(じどう)たちが楽しそうに取り組んでいたのが印象的(いんしょうてき)だった。新聞を購読(こうどく)する家庭が減(へ)ってきているので、今後も学校で児童たちが新聞に触(ふ)れる時間を増(ふ)やしていきたい」

 [写真説明]受講する常盤小の児童たち