3月に入り、春の陽気が続いています。今年は暖冬の影響か、宇都宮のサクラの開花予想は19日と平年より13日も早く、観測史上1位の早さ。満開予想日も28日で今月中です。新型コロナウイルスの影響でお花見も宴会は自粛する動きもありますが、県内の桜並木を特集しました。〝桜のトンネル〟の下をドライブや散歩して、春を満喫してみてはいかがでしょう。

 
氏家ゆうゆうパークの桜づつみ  さくら 

 

 

 鬼怒川河川敷にある氏家ゆうゆうパーク(鬼怒川河川公園)の桜づつみは、花と緑豊かで人々に親しまれる安全な川づくり推進のため、堤防を強化して植樹され、1988年に全国初の桜づつみモデル事業として国土交通省に認定されました。総延長1560㍍に約500本のソメイヨシノが咲き誇ります。

 見頃は3月下旬から4月初旬。駐車場180台。

(問)市氏家観光協会事務局☎028・681・5757。

 

 
野崎第2工業団地内桜並木  大田原 

 

 

 桜として最盛期となる樹齢約35年を迎える野崎第2工業団地内のソメイヨシノ。約250本、1500㍍ほどが多くの人を魅了します。

 見頃は3月下旬から4月の初めの予想。朝日に映える桜が美しく見える朝方がお勧め。大型車両に気を付けて側道に駐停車、もしくは近くの上石上公園の駐車場を利用。

 4月4日には「のざき桜まつり」の開催も予定。  

(問)野崎地区活性化協議会・石塚さん☎0287・29・1606。

 

 
さつき大通り桜並木  鹿沼 

 

 

 約400本のソメイヨシノがおよそ2500㍍にわたり咲き誇る光景から「美しすぎる桜並木」と呼ばれています。

 22日~4月中旬の桜の見頃の時期には、約1300㍍でライトアップを行い、幻想的で美しい夜桜が楽しめます。

 4月4日には「花見DE人力車」を開催。午前10時から午後4時まで、1回500円で乗車できます。人力車に乗って桜を楽しみませんか。

 (問)東部台コミュニティセンター☎0289・64・6421。

 

 
東雲公園 黒川沿い桜並木  壬生 

 

 

 とちぎの景勝100選に選ばれている桜。1951年に黒川の両岸、東雲橋を中心に約250本のソメイヨシノが青年団によって植えられました。例年4月の上旬が見頃。人道橋の東雲さくら橋を歩きながらの桜観賞もお勧め。東雲公園に駐車場あり。

 (問)町観光協会☎0282・81・1844。

 

 
金崎のさくら  栃木 

 

 

 とちぎの景勝100選に選ばれている桜の名所。西方町金崎の思川堤右岸、約1㌔にソメイヨシノが約200本並び、遊歩道になっています。1925年、当時の皇太子(昭和天皇)のご成婚記念に、青年団によって植樹。

 例年の見頃は4月上旬。西方咲良グラウンド北側に車が止められます。

 (問)市観光協会西方支部事務局(市西方産業振興課)☎0282・92・0313。

 

 
日光街道の桜並木  宇都宮~日光 

 

 

 日光街道と宇都宮環状線の交差点「宮環上戸祭町」から日光市山口の日光杉並木まで、一般的なソメイヨシノではなく、ヤマザクラが約1500本、およそ16㌔にわたり続きます。「日本さくらの名所100選」に選定されている人気のエリアです。

 ヤマザクラの見頃は例年4月上旬から中旬あたり。満開の桜や散り始めた桜吹雪のトンネルをドライブしながら楽しむのがお勧めです。

 

 
石井の桜づつみ  宇都宮 

 

 

 石井町の国道123号線にかかる新鬼怒川橋西側の土手、サイクリングロード脇に市河川環境基金を活用して植栽された37本のソメイヨシノが並ぶ、穴場のスポット。

 北側土手下に車が5、6台ほどのスペースあり。土手に上り歩いて桜並木を楽しめます。所々にベンチがあるので、お弁当をもってのんびりお花見をするのがお勧めです。

 

 
新川の桜並木  宇都宮 

 

 

 市内を流れる新川沿いに約60本のソメイヨシノがおよそ600㍍続く桜並木。 きれいに咲き乱れる桜並木をドライブがてら楽しむこともできます。また、東武線南宇都宮駅から約徒歩5分のところにあるので、電車で訪れて散歩しながら、桜の木を近くで楽しむのも風情があってお勧めです。

  (問)宇都宮観光コンベンション協会☎028・632・2445
(日光街道の桜並木・石井の桜づつみ・新川の桜並木。写真提供 同協会)。

 

 
思川桜堤  小山 

 

 

 市役所西側の思川堤防、約60本の思川桜(オモイガワザクラ)の桜並木が、約500㍍続きます。「桜の里親制度」で市民によって植樹されました。

 思川桜は小山市原産の桜で、市の花です。

 例年の見頃は4月中旬。市役所駐車場利用可。

 (問)市商業観光課☎0285・22・9273。

 

 
鬼怒川温泉駅前 さくら並木通り  日光  

 

 

  東武鉄道鬼怒川温泉駅前のさくら並木通りでは、約50本のソメイヨシノが500㍍にわたり楽しめます。

 例年見頃は4月上旬ですが、今年は早まりそう。鬼怒川温泉街でも一番早い時期に見ごろを迎えます。駅前には30分まで無料の市営駐車場やコインパーキング(有料)があります。温泉街をのんびり歩いて桜を楽しみ、足湯で癒されては。

(問)市観光協会☎0288・22・1525。

 

 
行屋川の桜並木  真岡  

 

 

 真岡市台町の行屋川沿いを約200本のソメイヨシノが彩ります。見頃は3月下旬から4月上旬。満開の桜並木は、まさに春らんまん。川沿いの石畳も風情があります。

 ポケットパークあり。

 
五行川桜づつみ   真岡 

 

 

 真岡市田町の三ノ宮橋付近から下流の五行川サイクリングロード沿い約7㌔(同市東沼、八木岡、大和田など)に八重桜、シダレザクラなど。見頃は3月下旬から4月上旬。途中ポケットパークあり。

 (問) 市観光協会☎0285・82・2012(行屋川の桜並木・五行川桜づつみ)。

 

 
千本松牧場  那須塩原 

 

 

 千本松牧場の入り口ゲートから約300㍍の並木。樹齢約80年になるソメイヨシノは見上げるほどの高さ(一部八重桜もあり)。満開の時期には「桜のトンネル」も圧巻の見栄えです。

 ぽかぽか陽気の日にはソフトクリーム片手にゆっくり散策するのも、遊覧馬車(土・日曜、祝日のみ)に乗って桜を眺めるのもお勧め。

 例年4月10日前後に開花しますが、今年は早まる予想。開花情報は随時SNSより発信しています。

(問)同牧場☎0287・36・1025。

 

 
黒磯公園  那須塩原 

 

 

 ソメイヨシノ、サトザクラ、八重桜の約300本の桜が公園内を埋め尽くす「黒磯公園」。4月1〜12日の「さくら祭」期間中は連日露店の出店や、ライトアップなどで盛り上がります。

 公園駐車場から桜並木を通り、広場を抜け、ふれあい橋を通り、河畔公園まで、桜を愛でながら散策ができる約20分のお散歩コースもお勧め。5日には公園内で琴演奏や野点などイベントも開催予定(要確認)。

 (問)市商工会☎0287・62・0373。

 

 
 旗川緑地公園の桜並木  佐野 

 

 

 佐野市戸奈良町内のグラウンド、テニスコートなどが整備された公園内に約100本の桜が咲き誇ります。例年見頃は4月上旬。

 

 
秋山川の桜並木  佐野   

  

 

 佐野市堀米町の児童公園近くの秋山川土手沿いに2㌔以上続く桜並木です。約100本が続きます。例年見頃は4月上旬。

 (問)市観光協会☎0283・21・5111(旗川緑地公園の桜並木・秋山川の桜並木)。

 

 
足利大学大前キャンパスの桜並木  足利   

  

 

 足利大学の広い敷地をぐるりと囲むように植えられたソメイヨシノは「足利大の千本桜」といわれ地元の人たちに親しまれています。

 1993年に大学、短大、高校、幼稚園と学園の創設に尽力した釆澤信光初代学長の顕彰記念碑を建立し、さらにそれを囲むように寄贈された千本の桜を植樹したものです。

 キャンパスの東側にある「風と光の広場」は一般にも開放。世界各地で使用されているユニークな形をしたさまざまな風車の展示と共に花見を楽しむことができます。

 問い合わせはできません。

 

 
逆川の桜並木  茂木 

 

 

 逆川地区の「いい里さかがわ館」から上流へ約2㌔の逆川沿いにソメイヨシノが咲き誇ります。見頃は3月末ごろから。駐車場は同館駐車場を利用。

 

 

(問)町商工観光課☎0285・63・5644。