■下野・古山小

【いつ】9月26日

【どこで】下野(しもつけ)市古山(こやま)小

【だれが】5年86人

【学んだこと】新聞の役割、新聞社の工夫など

【講師】整理部記者(せいりぶきしゃ) 野口広幸(のぐちひろゆき)

【ひとこと】清水康平(しみずこうへい)君(10)「記事は後ろから削(けず)らなければいけないなんて難(むずか)しいと思った。記事を書くときは、結論(けつろん)から先に書くことが大切だと分かった。いろいろな情報(じょうほう)を聞くことができて面白(おもしろ)かったし、本物(ほんもの)の新聞記者に会ってみてかっこいい仕事だと思った」

5年担任 河又希望(かわまたのぞみ)先生(26)実際(じっさい)に記者から話を聞いて、新聞のことを深く学べた。例題(れいだい)の記事では地域(ちいき)に関(かか)わる事柄(ことがら)を使用したので、児童(じどう)らが自分の住んでいる地域についても知ることができて良かった。今後(こんご)も新聞に興味を持ってもらいたい」

[写真説明]興味のある記事を探す古山小児童