やいたdeふるさと巡りバスツアー

2017/12/15
このエントリーをはてなブックマークに追加


矢板市は若者たちの交流の輪(ハッピーチェーン)を広めるために、同市に関心のある若者を育成し、活動してもらうために「矢板市未来づくりプロジェクト やいた de ハッピーチェーン」を実施しています。第1弾の「やいたdeふるさと巡りバスツアー」が11月18日に開催されました。
 
やいたdeふるさと巡りバスツアー
 地元のおいしさ再確認!
午前9時、参加者たちは 「道の駅やいたエコモデル ハウス」に集合。冷え込ん だ朝でしたが、薪ストーブ が温かく迎えてくれました。 市内外の男性23人、女性 17人の計40人が参加。

くじ引きで9チームに分か れ、クイズやゲームをしな がら各スポットを巡ること に。
コーディネーターを務 める山崎恵子さん、同市出 身で「やいた末来づくりプ ロジェクト」のプロジェク トリーダー・宇都宮ブリッ ツエンフェアリー自転車競 技部の高坂美歩さんもガイ ドとして同行しました。

  まずは、明治7(197 4)年創業の「森戸酒造」 へ。
 森戸康雄社長のユニー クな案内で発酵室や貯蔵庫 を見学し、こうじの甘酒を 試飲しました。塩谷町の男 性(30)は「こうじの甘 酒は初めて。甘くてびっく り」、宇都宮市の女性(30) は「日本酒が好きなので酒 蔵が見られてうれしかっ た」と、売店でお土産の日 本酒を購入していました。
 
















その後、「道の駅やいた」 に戻り、エコモデルハウス の見学や人気の「りんごソ フトクリーム」を試食。さ らに市のキャラクター「と もなりくん」も登場し、チ ームメンバーは記念撮影な どを楽しんでいました。

お待ちかねのランチは、 バスに乗り「58ロハスキ ッチン」へ。









自家製の新鮮 野菜を使ったメニューがず らり並び、チームの垣根を 越えて会話が弾んでいまし た。同市在住の女性(32) は、「どの料理にも野菜がた くさん使われていておいし い」と笑顔でした。


満腹になったところで、 午後は別腹のデザートをと 「加藤農園」のリンゴ狩り へ。まずは旬の「サンフジ」 を試食させてもらい、その 後チーム対抗で、大きいリ ンゴを探す「リンゴ計量ゲ ーム」を開催。優勝チーム は、4個で2㌔ものリンゴ を収穫していました。
最後 に参加者全員がお土産のリ ンゴをもらいバスツアーは 終了となりました。
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る