ふらりプチ旅とちぎ 特別編「パワースポット探訪」

2017/12/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふらりプチ旅とちぎ 身近なのに知らなかった「ひと」「もの」「こと」。そんな再発見や新発見を求め月1回、アスポリポーターが独自の視点と興味を持って県内を巡ります。(第24回目)

2018年「パワスポ」探訪
願いは運気アップ!!
        もうすぐ2018年。来年の予定はもうお決まりですか?   今年こそ良い年であるようにと願う人は多いはず。ぜひとも開運、運気アップにと、「ハッピー占い」でおなじみの占術士・竹澤妙幸先生に「2018年に訪れると運気がアップする場所」を県内でいくつか教えていただきました。
  妙幸先生によると、来年の吉方は北西と南東。県庁を中心にあてはめると、北西は宇都宮市の大谷町、鹿沼市、南東は真岡市などに当てはまります。職業運や社会運向上(出世)を目指すなら北西へ、結婚運愛情運向上には南東へのお出掛けが招運だそうです。
  今回は特別編として、妙幸先生のアドバイスで、数ある開運スポットのうち4カ所をご紹介。お出掛けの予定に加えてみてはいかがでしょう。

大谷寺(大谷観音、平和観音)    
 宇都宮:北西
  宇都宮市街地から北西に約8㌔、車で約25分の大谷町にあります。本堂には、平安時代に弘法大師作と伝えられる「大谷観音(千手観音)」があります。脇堂の釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三尊と併せて1954(昭和29)年に国の特別史跡に、61年には重要文化財に指定されました。また、坂東十九番の霊場として多くの参拝者が訪れます。
  外には、太平洋戦争犠牲者の供養と世界平和を祈って作られた、高さ27㍍の平和観音を拝むことができます。

  同寺では、妙幸先生一押しのお守り「守り本尊」が購入できます。

大谷寺
宇都宮市大谷町1198
■☎028・652・0128
■12月は23~25日のみ開門。
午前9時~午後4時、1~3月午前9時~午後4時半(受け付けはいずれも閉門20分前まで)
  1~3月の第2、第4木曜休(祝日の場合は前日)
■参拝料大人400円、中学生200円、小学生100円



古峯(ふるみね)神社
鹿沼:北西
    鹿沼市内から車で40分。自然豊かな山麓の中、大芦川の源流近くに位置し、御祭神に日本武尊(やまとたけるのみこと)を祭ります。御祭神の使者である天狗の社としても信仰を集め、本殿内には、巨大な一本の木をくり抜いて作られた大天狗と烏天狗のお面をはじめ、天狗にまつわる奉納品などが飾られています。
  また、日本で唯一、御朱印に天狗を描くことでも知られ、8、9人の描き手が描く天狗は全部で約30種類もあります。
  境内にある2万5000坪の回遊式日本庭園「古峯園(こほうえん)」では、茶室「峯松庵」でお抹茶が、茶店「峯の茶屋」で軽食や甘味が、風光明媚(ふうこうめいび)な景色とともに楽しめます(1月1~3日開園)。

古峯神社
■鹿沼市草久3027
■☎0289・74・2111
■※古峯園は午前9時~午後4時。12月中、1月4日~4月下旬休園。
■入園料大人300円、子ども200円

真岡木綿会館
真岡:南東
  真岡市役所から車で2分。江戸時代に隆盛を極めた「真岡木綿」の技術と伝統を大切に受け継ぎ、伝えています。真岡のまち歩きを楽しむうえでも外せない観光スポット。
  隣接する真岡市物産館、県指定有形文化財の岡部記念館「金鈴荘」と併せて中心市街地活性化の拠点として、2008年4月に真岡市が開館しました。今年10月には敷地内に木綿茶屋もオープンしています。

   工房では県伝統工芸士を含む機織り技術者が製作に励んでいます。見学の他、機織り体験(事前予約)も楽しめます。

真岡木綿会館
■真岡市荒町2162の1
■☎0285・83・2560
■午前10時~午後5時
■火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日休
■入館無料
井頭公園
真岡:南東
  真岡市中心部から北へ5㌔。93・3㌶の広大な広さを誇ります。日本の都市公園100選にも選定された、県を代表する都市公園です。コナラ・クヌギ・アカマツなどの雑木林に囲まれた井頭池には、数多くの野鳥たちが飛来します。
  言わずと知れた1万人プールをはじめ、人気のサイクリングやフィールドアスレチック、テニスコートのほか、バラ園やボタン園など施設も豊富。
  おなかがすいたら、ちょっとおしゃれなランチやスイーツが楽しめるカフェ&レストラン「いがしら陽だまり亭」でくつろぎのひとときを。

井頭公園
■真岡市下籠谷99
■☎0285・83・3121
■園内の各施設は火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月2日休(施設により2日から営業)
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る