18日は頭髪の日 専門家に聞く「頭皮ケア」

2017/10/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
健康な頭皮、美しい髪へ
ヘアカウンセラーに学ぶ タイプ別 正しいお手入れ

 本格的な秋になりました。気温が下がり空気が乾燥するこの季節は、頭皮に夏のダメージが出やすい時季でもあります。毎月18日は全国理容生活衛生同業組合連合会が制定した「頭髪の日」。そこで、同連合会のヘア・カウンセラーで県理容組合講師会の賀川眞和さん、村上健太郎さんに「秋の頭皮のケア」をうかがいました。 

    賀川眞和さん
(左)

村上健太郎さん
(右)


 
ステップ1 頭皮の状態をチェック!
乾燥性、脂漏性、脂性・・・3タイプ

 頭皮のトラブルは主に3つ。1つ目は乾燥性、2つ目は脂漏性、3つ目は脂性です。

▪乾燥性…パラパラと肩にフケが落ちます。特に女性に多い症状です。
▪脂漏性…脂っぽい頭皮でフケがあり、パラパラ落ちずに髪や頭皮に付着しているような状態です。実は、頭皮が乾燥しており、それを守ろうとして皮脂過多になっている状態です。

▪脂 性…頭皮を指で触ると指に脂が着き、べたつきます。特に男性に多く見られます。


 
ステップ2 「シャンプー」を選ぶ
症状に合わせ洗浄剤を変える

 頭皮は弱酸性に保たれています。 一般的な洗浄剤(シャンプー)には、艶や泡立ち、しっとりさせる効果などの添加物が入っています。それらが入っても洗浄力が損なわれないようアルコール系で作られており、アルカリ性です。そのため頭皮に刺激を与えやすく、かつ、水分を奪って蒸発するので乾燥しやすくなります。

 そこで、乾燥性や脂漏性の場合は、添加物が少ない、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーを使用しましょう。





  脂性の場合は、弱酸性の洗浄剤だと洗浄力が弱いためアルコール系や石けん系のほうがすっきりします。男性の頭皮に着目した洗浄剤などがお勧めです。 頭皮あっての髪の毛。髪の香りや手触りだけで洗浄剤を選ぶより、頭皮を健康に保つ方が髪にとって大切です。




 
ステップ3 オイルでマッサージ
日常的にケアする

 頭皮のケアは「顔の手入れと同じ」。
メーク落としでマッサージ、洗顔する、ローションで整えるといった工程で考えます。
三つの頭皮トラブルすべてに共通する改善策として「オイルでマッサージ」は必須。特に、皮フとの親和性が高い「ホホバオイル」をスポイトで数滴頭皮に垂らし、マッサージするだけでも、フケの症状は軽減されます。

その後、シャンプーへ。シャワーで十分髪を流せば、大半の汚れは落ちます。必要なのは頭皮の汚れを落とすこと。たとえかゆみが強くても、ゴシゴシ洗うことは避けます。頭皮が傷み、かえってトラブルを招きます。爪を立てず丁寧にゆっくり洗います。

  シャンプー後は頭皮をローションで整え、必ず頭全体をドライヤーで乾かします。長時間タオルを巻いたり、濡れた髪のまま寝ると雑菌の温床に。 また、自然乾燥は必要な髪の水分も蒸発させるため、かえって乾燥を助長させます。特に、長い髪の女性は毛先がハネる原因にも。水分の重みが毛先に集中し、クセがつく原因になります。


(問)賀川さん☎028・635・9130

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る