体も心も喜ぶ 温スープ

2017/8/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
スープ専門店オーナーに聞く
体も心も喜ぶ 温スープ

  うだるような暑さに寝苦しい熱帯夜。
この時季は、どうしても冷たいものばかり欲しくなります。
こんな時こそ体にやさしい温かいスープはいかがでしょう。佐野市田沼町の「マミーズスープ」オーナーの松林真弓さんに手早くできて、旬の野菜のおいしさを味わうことのできるスープレシピを教えていただきました。







松林真弓さん

マミーズスープオーナー。
野菜ソムリエ、食育インストラクターの資格を持ち、市内を中心に料理教室の講師も務める。
(問)マミーズスープ
☎0283・55・5655



トマトとキャベツのコンソメスープ(2人分)

①キャベツ2枚は、食べやすい大きさにちぎる。薄切りベーコン1枚は1㌢幅、ミニトマト2個は半分に切る。

②フライパンに油大さじ1を熱し、ベーコンを炒める。水300㏄を加え煮立ったら、キャベツ、コーン(お好みの量)を入れひと煮立させる。

③②にコンソメ大さじ2を加え、白コショウ少々をふる。

④③に水溶きかたくり粉(かたくり粉大さじ1と水大さじ1を合わせたもの)を加えてとろみをつけたら、溶き卵1個を流し入れる。

⑤ひと煮立したら、ミニトマトを入れる。塩少々で味を調えたら器に盛る。




ニンジンのポタージュ(2人分)

①ニンジン1本、玉ネギ1/4は薄切り、ジャガイモ中サイズ1/2個は皮をむき薄切りにする。

②鍋に油大さじ1を熱し、①を入れよく炒める。

③水300㏄を加え、煮立たせる。野菜が柔らかくなったら、ゆで汁ごとミキサーにかける。

④鍋に③を入れ、牛乳100㏄を入れて弱火にかける。沸騰したら砂糖小さじ1、塩少々で味を調える。        

⑤器に盛り、好みでパセリを散らす。




モロヘイヤとオクラのネバネバスープ(2人分)
 
①モロヘイヤ2ワは、葉だけをちぎり、ざく切り。オクラ2本は、ガクを取り、爪ようじで数カ所穴を開け塩ゆでしたら、0・5㍉㎜の小口切り。ミニトマト4個は半分に切る。 

②鍋に水300㏄を沸かし、モロヘイヤを入れ、ひと煮立ちしたら、コンソメ大さじ1、カレー粉小さじ1を加えて軽く煮る。          
③②にオクラとミニトマトを入れ、塩少々で味を調える。



冬瓜と豚肉のとろーりスープ(2人分)

①冬瓜200gは種とワタを取り、一口大に切る。ネギ1/2本は小口切り。

②鍋に水300㏄を沸かし、豚肉(しゃぶしゃぶ用)100gを色が変わるまでしゃぶしゃぶしながらゆでたら、アクを取る。

③①を加え、中華だし大さじ1を入れ、冬瓜に火が通るまで煮る。   

④③にネギを入れ、水溶き片栗粉(「2」④※と同じ)を入れ、とろみをつける。         

⑤器に盛り、白ゴマ・ブラックペッパー(各適宜)をふり、ゴマ油小さじ1をたらす。

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る