アスポお薦めお土産ガイド

2017/8/9
このエントリーをはてなブックマークに追加
とちぎの味を持って・・・
アスポお薦めお土産ガイド

 もうすぐお盆。離れて暮らしている家族や親戚たちも帰省して、久しぶりに顔をあわせる機会です。そして、頭を悩ませるのが、「栃木のお土産」。アスポリポーターが、定番ではない、これぞっ! という新しいお土産をピックアップしてみました。ことしのおみやげに、いかがでしょう。(値段は税込み表示です)



 
ましこピクルス
道の駅ましこ/益子

 益子の旬の彩りを一瓶に詰めた道の駅ましこオリジナル「ましこピクルス」。益子の農家が丹精したカラフルで種類豊富な野菜にこだわりました。季節ごとに変わる味わいは常時6~7種類、各800円。素材を生かすビネガーは白ワインや山ぶどうジュースなどを使用。賞味期限は6カ月です。

 さらに、ブルーベリーのピクルスが新登場。商品開発部門チーフ、加工所担当の髙橋裕也さん(37)は「初めてフルーツの商品を作りました。順次ブドウなど、野菜と共に益子のフルーツも商品として提供していければ」と話します。


■益子町長堤2271
■☎0285・72・5530
■午前9時~午後6時
■毎月第2火曜休



 
純米大吟醸 甘酒プリン
しもつけ彩風菓 松屋/壬生
  精米歩合40%の酒米・山田錦をじっくり時間をかけて搾った宇都宮酒造の純米大吟醸の酒粕を使った「純米大吟醸 甘酒ぷりん(1個270円・6個入1782円)」。

 醸造用アルコールなどは一切不使用、自然なおいしさがあり栄養豊富な酒粕に牛乳や生クリームなどを合わせ、上質な寒天で固めたプリンです。純米大吟醸特有の上品な香りとフルーティーな風味が感じられます。プルンと滑らかな食感も特徴。ひんやり冷やして味わいたい一品です。 ほか、素材のおいしさを生かした定番の和菓子や季節のお菓子もお薦め。


■下都賀郡壬生町安塚2284の1
■午前9時~午後5時半
■火曜日定休(月に一度連休)
■☎0282・86・0051



 
懐中汁粉
御菓子司 濵田屋本店/宇都宮

 熱湯を注ぐだけで上品なお汁粉が楽しめる「懐中汁粉(かいちゅうしるこ)」。京都では定番の菓子が、宇都宮市の老舗和菓子店で作られています。 さらしあん、アラレ、コク出しの和三盆などを滋賀県産の羽二重餅の中に包んだ一品(280円)で、黄ぶなや季節毎に変わる鮮やかな植物の焼印が、もらった人の目も喜ばせます。

  「日持ちし、色付け焼印がカラフルでお勧め」と4代目の齋藤大聡さん。溶けた羽二重餅を食べるので子どもやお年寄りにも安心。熱した牛乳でも可。熱い汁粉が冷房で冷えた体を温めてくれます。


■宇都宮市塙田2の5の23
■午前9時~午後6時
■日曜、祝日(不定)休※11日休、13日営業
■(問)☎028・622・4377


 
日光人形焼
日光人形焼 みしまや/日光
 日光東照宮の三猿や陽明門など、日光のシンボルをかたどった「日光人形焼」。日光彫職人の中山圭一さん(45)が自ら制作した焼き型で、一つ一つ丁寧に手焼きしています。

 甘さ控えめのあんには、北海道産小粒小豆と大粒の「鬼ザラ糖」を、ほんのり甘くもちっとした生地には、北海道産小麦や宇都宮産の「磨宝卵」、尾瀬のハチミツといった厳選素材を使用。形はもちろん、味と食感にも「職人魂」を込めています。 詰め合わせ(7個1300円)のほか、三猿(1体130円)や椿(100円)を販売しています。


■日光市石屋町440(日光彫三島屋併設)
■午前9時~午後5時
■木曜定休
■☎0288・54・0488



 
せんべい詰め合わせ
手焼きせんべい 八幡屋/足利

 70年の歴史を持ち地元では「元祖ゆずせんべい」の店として親しまれています。さわやかなユズの香りが広がるゆずせんべいは1枚43円。

3代目の手島陽造さん(67)、昌子さん(64)夫妻が生地作りから焼き上げまで、すべての作業を二人三脚で行っています。お米は福島産コシヒカリ、ユズは宇都宮産。天日干しにしたユズの 皮をひいて粉にしたものを生地に練り込んでいます。店奥の炭火窯で陽造さんが手焼きする姿を垣間見られることも。

  全6種類1枚43円。「ゴマ」は1枚54円。詰め合わせ1000円から。


■足利市堀込町2630の2 
■午前9時~午後7時
■無休
■☎0284・73・5390 


 
大田原牛 角煮
道の駅 那須与一の郷/大田原
 人肌で溶けてしまうくらい、柔らかな大田原牛。ちょっぴり高価なお肉をリーズナブルなお値段で味わえる「大田原牛 角煮」(1個1200円)。大きな角煮がゴロゴロと入っていて、食べごたえも十分。

 そのままでも十分味わえますが、温めると、ホロッとしたお肉の柔らかさがより楽しめます。ご飯のお供やお酒のおつまみなどにお勧めの一品。 子どもからご年配までどの世代にも好まれる、すき焼き風。大田原牛超本店と、道の駅那須与一の郷(物産コーナー)のみ販売の特別限定品です。


■大田原市南金丸1584の6
■午前9時~午後5時半
■無休
■☎0287・23・8641

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る