ふらりプチ旅とちぎ「歴史の街をサイクリング~那須」

2017/4/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふらりプチ旅とちぎ 身近なのに知らなかった「ひと」「もの」「こと」。そんな再発見や新発見を求め月1回、アスポリポーターが独自の視点と興味を持って県内を巡ります。(第16回目)

   時をかける・・・
懐かしい面影の街
”ナスタルジック”なだっぱら発見!

  「黒田原」。いつか電車で訪れてみたいと思っていた場所。それは普段、車では通り過ぎてしまっていて、その、車から見えるどこか懐かしい風景をもっと肌で感じたいと思ったから。そこで! 今回は小回りの利く自転車に乗り、黒田原で気になった小さな発見を探す旅に出掛けました。

 明治から大正にかけて黒田原は、馬の出荷頭数全国2位を誇り、現在の駅周辺は競り市場として活気があふれていました。その後、1920(大正9)年に現在の位置に新駅が開業され、その周辺にはかつての面影が残る建造物も点在。駅から延びる商店街を少し歩いただけでも「これ、なんだろう~?」なんて、ちょっとのぞいてみたくなるような、風情あふれるノスタルジックならぬ…「ナスタルジック」な雰囲気が広がる街。春風とともに黒田原での街巡り、楽しんでみませんか?


那須サイクルベース
map1
〝黒〟田原なのにほんのりピンク色のかわいい駅舎 女性でも乗りやすい電動もあり

 JR東北線、里山の美しい風景を見ながら電車に揺られ始まった今回の旅。降り立ったのは、「黒田原駅」。1940(昭和15)年に建築された歴史ある駅舎で、この洋館風の木造モルタル駅舎は県内でも数カ所。よく見るとステンドグラスが使われているところもすてきです。

 商店街を南下して、まずは「自転車ロードレース・那須ブラーゼン」の那須サイクルベース(map1)へ。ここで自転車を借り、街中をのんびりと巡るサイクリングスタート!

那須サイクルベース
■那須町寺子丙3の105
■0287・73・8331
■午前9時~午後4時(土・日曜、祝日午前8時~午後5時)
■3時間1000円から(電動バイクは1500円から)


余笹川ふれあい公園
map2

 最初に向かったのは、電車からも見えた余笹川沿いにある余笹川ふれあい公園(map2)に。公園内では自転車を降りて遊歩道をのんびりお散歩。公園から見える「中余笹橋」は1937年に建てられた煉瓦(れんが)造りの重厚な橋。撮り鉄ファンも訪れるフォトスポットです。

余笹川ふれあい公園
■那須町寺子乙2584の6

 公園をあとに、また黒田原駅方面へ戻ります。役場裏手に、気になる緑の建物「那須町民俗資料館」商店街で「旧立正佼成会」を発見。普段は開いていないのですが・・・

 中を拝見したい方は・・・案内ボランティア 「黒田原散策会」 0287・72・0797にお電話を。

■ みてみて情報 ■

那須町民俗資料館
1890(明治23)年ごろに皇居内吹上御所付近に設立。その後1964年に那須町に移築された。中には明治から昭和初期に使われていた生活用品などが展示。

旧立正佼成会
1920(大正9)年以前に建てられた建造物。当時は炭を保管する倉庫として使われた建物。現在は町が管理。昨年10月に開催された「黒田原映画祭」のメイン会場として活用。今年も10月に同場所で映画祭を開催予定。


那須珈琲 カフェ・ラ・ディトンツ
map3
店長自慢の黒田原の黒カレーセット(1520円)

 ランチは、昨年オープンしたばかりの那須珈琲 カフェ・ラ・ディトンツ(map3)にお邪魔しました。扉を開けると、温かみのあるアンティーク家具でそろえられた落ち着いた店内。「時間を忘れてくつろいでほしい」と店長の渡辺陽一さん。お薦めの欧風黒カレーとディトンツブレンドをいただきながらしばし休憩。

那須珈琲 カフェ・ラ・ディトンツ
■那須町寺子丙3
■0287・73・5272
■午前10時半~午後7時
■日・月曜休(不定休あり)
■P2台


黒田原神社
map4
必見! 神社内には多様な〝変わり狛犬〟が
宮司さんに声を掛けて
いただいた御朱印

 おなかも満足したら、黒田原サイクリング後半は黒田原神社(map4)参拝から。一ノ門、二ノ門を通り、山桜の参道を抜けると社殿が見えてきます。同神社は子授かりや安産の神社としても有名です。黒田原神社から石の階段を下り、奥に進むと「立岩観音」を発見。ちょっとマニアックな場所ですが気になる方はぜひ。

黒田原神社
■那須町黒田原幸町3
■0287・72・0228
■見学自由


925HAUSガレージ
map5
海外からの扉をリメークしてつくられたチェスト

 その後、芦野方面に走らせ、925HAUS(map5)に向かいます。2年前にリメークなどを行うガレージファクトリーとしてオープン。大きな倉庫にはスツールやテーブルなどの建具がずらり。不定休が多いため、道沿いの看板がオープンの目印。見るだけでも楽しめます。

目印の看板

925HAUSガレージ
■那須町寺子乙4401
■0287・73・5888
■午前10時~午後5時
■水曜休(不定休あり)
■Pあり

なでると「上手(ウマ)くいく」ともいわれている

 道を戻り、途中「黒田原土産」を購入したら自転車を戻し、歩いて駅に帰ります。そうそう! 黒田原駅の隣には、「クロロ」のモデルである「那須駒像」があります。「金色の馬像」として町のシンボルになっています。

公認
キャラクター
「クロロ」

 黒田原にはこの他にも、多くの歴史ある建物や、趣のある遺跡が残っています。ぜひ、皆さんの足で黒田原の歴史、穏やかな風景、ゆったりと流れる空気、懐かしさを感じる旅に出掛けてみてくださいね。(T)

■ 黒田原うまいもん情報 ■
*ますやパン店*
1947年創業。当時から続く「中種式製法」にこだわり、昔ながらの味を提供。「コッペパン」など1個80円から。人気は「ぶどうパン」
*天然麹味噌 日野屋*
塩谷町産の有機黒豆を使った数量限定の人気みそ。 黒大豆みそ(1㌔1600円)
*ノーブル菓子店*
昨年、黒田原小学校6年生の生徒たちが考案。イチゴをイメージした可愛いスイーツ。那須町産イチゴを使用。 黒田原マカロン(1個200円)


map 今回訪れた所(約3時間コース)
map
1
那須サイクルベース
map
2
余笹川ふれあい公園
map
3
那須珈琲
カフェ・ラ・ディトンツ
map
4
黒田原神社
map
5
925HAUSガレージ
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る