県南エリアの「お弁当」

2017/4/12
このエントリーをはてなブックマークに追加
見てうれし、食べておいしー
お弁当も春満開

  春らんまん、桜をはじめ多くの花々が咲き誇る季節です。桜見物だけでなく、家族や友人、グループで春の花を楽しんでみてはいかがでしょうか。そんな時、欠かせないのがお弁当。せっかくの花見、ちょっとだけぜいたくをして、老舗やレストランのお弁当をお供にしてみるのも良いかも。今週から2週にわたり、県内のお花見スポットと、それに合わせたお弁当を紹介します。今回は県南・県央編です。


 
ビストロポワブル「特製花咲オムライス弁当」
小山

 25年以上継ぎ足して作る熟成ハヤシソースや自家製チキンブイヨンで炊くチキンピラフなど洋食店の定番人気メニューのお弁当。1500円。

 チキンピラフをふわとろ玉子で覆った花咲オムライス(特製トマトソース)、おやま和牛入りハンバーグ(熟成ハヤシソース)、豚のヒレカツ、エビと菜の花のサラダ、カットフルーツなど(野菜、フルーツは季節によって変わる)。

 2個から注文可。予算や用途に合わせたお弁当も可。前日までに予約。

ビストロポワブル
■月曜休
■小山市中央町3の11の27小嶋ビル1階
■0285・22・8986

 
中国薬膳料理 東風「薬膳春の行楽弁当」
栃木

 「おいしく食べて健康に」。栄養バランスを考えて選んだ食材と漢方を使い、本格中華の技で作る、薬膳のお弁当は1500円。

 菜の花とエビのクリーム炒め、春タケノコとスペアリブの豆鼓(トウチ)煮など旬の食材を使った料理、春巻、エビギョーザなど人気の点心、カニとタマゴ炒めなど、味、色のバリエーション豊富な春を感じる内容。

 2個から注文可。当日10時半までの注文で昼の受け取り可。前日までの予約で杏仁豆腐サービス。予算や用途に合わせたお弁当も可。

中国薬膳料理 東風
■月曜休
■栃木市箱森町51の27
■0282・25・2030

 
軽快ハイキングも満喫
みかも山公園(栃木・佐野)

 季節の花や自然を楽しみながらのハイキングがお薦め(コース案内は東口・緑の相談所)。4月中旬はコースの所々でヤマブキやヤマツツジが見られます。西口の「万葉庭園」ではスイセン(4月中旬)やシラン(5月中旬)の群生が見られます。緑色の桜・ウコン(1本)やいろいろな種類の八重桜は4月中旬が見頃。

 お弁当は、東口の池のある芝生広場、万葉庭園やハイキングコースにある休憩所で。園内を巡るフラワートレインは子ども連れに人気。

(問)同園管理事務所
■0282・55・7272

 
日本料理 文楽「季節の松花堂弁当」
足利

 大阪の老舗料亭「吉兆」で修業を積んだ兄弟2人がそろって腕を振るう。完全予約制で献立でおまかせコースのみ。2160円から。

 タケノコ、フキなど旬の野菜と鯛(たい)の子の炊き合わせ、店自慢のサーモンみそ幽庵焼き、アナゴの八幡巻きなど焼き物、マグロやタイなど魚は天然物なので、すぐにいただくなら刺身付きがお薦め。

 注文は5個から。予算など希望は予約時に。予約は3日前までに電話で。

日本料理 文楽
■不定休
■足利市大町432
■0284・41・8540

 
社殿に映える春の色
織姫公園(足利)

 緑に包まれた山に朱色の社殿がひときわ映える織姫神社の北側。織姫公園内にある約1700平方メートルの「つつじの園」には、クルメツツジをはじめオオムラサキやリュウキュウなどさまざまな種類のツツジが植えられています。

 藤棚のある噴水広場ではピンクのツツジと、藤の花の競演を見ることができます。見頃は5月上旬。

 JR足利駅・東武足利市駅から2.2キロ、徒歩約30分。

(問)足利市緑化推進担当
■0284・20・2181


 
日本料理 篠「お花見弁当」
壬生

 京都吉兆で修行した店主が作る日本料理。見て、味わって春を感じる「お花見弁当」は時季限定(5月15日まで)。1620円。

 タケノコご飯や赤飯、ホタルイカ、春野菜のサラダ、レンコンのひき肉はさみ揚げやヤマイモの天ぷら、焼き魚、豚の角煮、抹茶のロールケーキなど(仕入れによって内容は変わる)。しっかり下味を付けながらも濃すぎない絶妙な味付け。

 1個から注文可。予算や用途に合わせたお弁当も可。前日までに予約。

日本料理 篠
■日曜休(事前予約の場合対応可、要相談)
■壬生町壬生丁203の4
■0282・82・3870

 
5月下旬まで色とりどり
とちぎわんぱく公園(壬生)

 4月の中旬から下旬は、園のシンボル花壇「夢花壇」を中心に、約15000球の色とりどりのチューリップが楽しめます。5月中旬~下旬は「ぱなぱなのまち」近くの約1万平方メートルの花畑は、青、紫、薄ピンクのセントーレアと真っ赤なポピーが開花し、色とりどりのじゅうたんを敷いたよう。

 ゆっくりお弁当を食べるなら、芝生広場「風の原っぱ」がお薦めです。22、23日は、夢花壇の花のクイズに答えて景品がもらえる「花当ておさんぽ(午前10時半~午後3時、各日200人、無料)」を開催。

(問)同園管理事務所
■0282・86・5855

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る