華やぐ大皿料理レシピ

2017/3/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホタテとブロッコリーのキッシュ
洋風ちらし
生チャーシューのサラダ
ヨーグルトムース
大皿で華やか!豪快!
お・も・て・な・し

 春・・・別れと出会いの季節ですね。家族や親しい仲間で新たな門出を「ホームパーティー」でお祝いしませんか。みんなで取り分けられる、華やかな「大皿料理」のレシピを、ハーブとポプリの教室「スイートミモザ」を主宰する宇都宮市の髙橋洋子さんに教えていただきました。(全て5~6人分)



髙橋洋子さん
(問)スイートミモザ 028・653・7450


 
生チャーシューのサラダ
  1. ラディッシュ10個、玉ネギ1/2個を薄切りにし水にさらす。ニンジン1本は千切り、カラーピーマン1個は薄切りに、ミニトマト適量を洗い、レタス適量は水にさらす。
    ※野菜は好みの量でよい。
  2. 生チャーシュー(市販品、蒸し鶏や生ハムでも可)適量を食べやすい大きさに切る。
  3. 全てを皿に彩りよく並べたら、オリーブオイル大さじ2、米酢大さじ1、レモン汁大さじ1と皮のすりおろし、ホワイトペッパー、塩各小さじ1、マーマレード小さじ2をまぜ合わせたドレッシングを全体にかけて完成。


 
ホタテとブロッコリーのキッシュ
タルト生地、卵液、具、仕上げ
 
タルト生地
  1. 薄力粉、強力粉各75gと塩2gをフードプロセッサーにかけまぜる。
  2. 1cm角に切り冷蔵しておいた無塩バター75gを1.に加えまぜたら、卵M玉1個を加えさらにまぜる。
  3. 2.を取り出しまとめたら、ラップに包み平らにして1時間から一晩休ませる。
  4. 3.を直径21cmのタルト型に伸ばし、底の部分にフォークでまんべんなく穴を開ける。
    ※焼き縮みを考慮し、生地のふちを5mmほど高くするとよい。パイシートでも代用可。
  1. 生地にクッキングシートを重ねその上にタルトストーン(大豆などで代用可)を置き、200度のオーブンで10分焼く。ストーンを外し5分ほど置き完成。

 
卵液
  1. 卵M玉2個、牛乳150㏄、生クリーム100㏄、ふるった薄力粉大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう、ナツメグ各少々を全てまぜ合わせる。

 
  1. ホタテ6~8個は塩こしょうし、フライパンにバターを入れ軽く炒めたら白ワインをふって、1~2分蒸す。
  2. 1.のホタテを取り出し、オリーブオイル少々をひいて薄切りにした玉ネギ1/4とシイタケ2枚を炒める。
  3. ブロッコリー1/2株を小房に分けてかために蒸す。
    ※全ての具を冷ます。

 
仕上げ
  1. タルト生地に、完成時切り分けやすいようにバランスよく具を並べる。
  2. 1.に卵液を流し入れ(焼くと膨らむので入れ過ぎ注意)、ミックスチーズ25g、パセリを散らし、180度のオーブンで25~30分焼く。粗熱が取れたら型を外し完成。


 
洋風ちらし
すし飯、具の下準備
*飾り付け*
サーモン(マグロなどでも可)は、薄切りにして巻くとバラのようになり、レンコンの上にイクラを載せる と華やかに。
 
すし飯
  1. 米3カップをといでザルに上げ30分おく。
  2. 炊飯器に米、水3カップ、酒50㏄、生のレモングラス2本を加えて炊く。
  3. 炊き上がったらレモングラスを取り出し、飯台にご飯を出す。合わせ酢(米酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩、レモン汁各大さじ1)を全体に回しかけ、ぬれ布巾をかぶせ5分ほどおきなじませる。
  4. ご飯と合わせ酢が全体にいきわたるようしっかりまぜ、人肌くらいまでうちわであおぎながらさらにまぜる。

 
具の下準備
  1. キュウリ:1本をストライプ状に皮をむき、小口切りに。塩少々で軽くもみ、水気を絞る。
  2. ニンジン:1/2本の皮をむき斜め薄切りにして千切りにし、熱湯にさっと通して酢少々をふり、冷めたら水気を切る。
  3. レンコン:80gを皮をむき薄切りにし、酢少々を加えた熱湯でさっとゆでる。酢大さじ2、砂糖大さじ1/2を溶かした液に10分ほど漬け汁を切る。
  4. 菜の花:1束を花と茎に分け、塩少々を加えた熱湯でゆでたら氷水に入れ冷まし、水気を切る。茎は細かく切る。

 
仕上げ
  1. 酢飯に菜の花の花以外の具とハーブのディルを入れ、切るようにしてまぜる。
  2. ラズベリービネガー(梅酢でも可)を少々ふり、菜の花、スモークサーモン30g、イクラ適量を彩りよく載せ、炒ったエゴマ大さじ3を散らし、完成。

★ラズベリービネガーの作り方★
瓶にラズベリー(冷凍可)と好みの酢を浸るほど入れ、常温で1週間漬ける。

【こんな使い方も】 ルッコラのサラダやイチゴにも合う。



 
イチゴとヨーグルトの春色ムース(100ml容器6個分)
ヨーグルトムース、イチゴムース
*飾り付け*
【大人用】
イチゴを四等分に切りオレンジキュラソーなどのリキュールをふりかけ、30分ほどおき飾る。

【子ども用】
生クリームやイチゴな どを飾る。
 
ヨーグルトムース
  1. ヨーグルト150gにグラニュー糖40g、レモン汁大さじ1を入れよくまぜる。
  2. 八分立てした生クリーム100㏄に1.を加えさらにまぜたら、水60gでゼラチン4gをふやかして湯煎で溶かし、少しずつ 加えまぜていく。
  3. 容器半分くらいまで流し込んで冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 
イチゴムース
  1. イチゴ150gとグラニュー糖60g、レモン汁少々、ラズベリージャム小さじ1(イチゴジャムでも可)を全てプロセッサーにかける。
  2. ヨーグルトムースと同様に、生クリームに1.とゼラチンを加えまぜる。
  3. 固まったヨーグルトムースの上にイチゴムースを流し入れ、さらに冷蔵庫で1時間ほど冷やし固め完成。
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る