自力整体でメンテナンス

2017/2/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
岡さん(左)と鈴木さん岡さん(左)と鈴木さん
(問)岡さん
090・8727・2665
真冬の体温アップ大作戦 その2
ゆがみを直し血流改善

 暦の上では「春」になりましたが、まだまだ寒く体が冷えます。体の冷えは肩こりや腰痛などの影響を及ぼします。先週の代謝を良くして体の内部から温める食材のレシピに続いて、今回は自分自身で体のゆがみを直して血流を良くする「自力整体」を、矢上予防医学研究所の予防医学・自力整体ナビゲーター岡幸子さん、鈴木康子さんの2人に教えていただきました。体を動かすことで体を温め、冷えなどを改善します。

●自力整体ポイント●

 
血液&リンパの流れをよくするために

空腹で
   胃の中に食べ物があると血液が消化にとられ、筋肉に十分な血液が回りません。さらに、暖かい部屋&ゆったりとした服装で行い、血液の流れを良くしましょう。

正座、休憩を大切に
   整体を行った後、正座、休憩することで、ほぐした部分の老廃物が浄化され、新しいサラサラな血液が体中に回ります。

 
筋肉の筋を痛めないよう「気持ちいい」と感じよう

体をゆすって
   体中にまんべんなく刺激を与えましょう。筋肉ではなく自分の体重を使いながら脱力するように、ゆっくり呼吸をしながら時間をかけて行いましょう。



 
自律神経からの冷え

 人は起きている間、五感が常に働いています。脳が休むことなく働き緊張状態になると、交感神経が血管を収縮させ、末端の冷えにつながるといわれます。

 解消法 脳を休ませる=眠る、瞑想する(お勧めの瞑想法)

頭の血液を体の下に下していくようなイメージで
  1. あぐらをかき、輪っかタオルを腰と両膝にかけ腰を伸ばします(お腹はゆったり、背筋はしゃきっと)。
  2. 軽く目を閉じ、頭の中で「6」を数えながら息を吸い「2」止め、「8」数えながら吐くことを4回続けます。

輪っかタオルの
作り方

 幅約30cm、長さ180cmほどのタオル(ガーゼタオルがおすすめ)を輪っかにして縫い合わせる。



 
坐骨神経圧迫による冷え

 腰からお尻の筋肉の下~太ももの裏を通り、膝辺りまで伸びている坐骨神経(ざこつしんけい)を圧迫することで、冷えや痛みが起こります。

 解消法 坐骨神経を解放する

  1. 両腕を軽く開き、両膝を立てて仰向けに寝ます。
  2. 足を組むように左足を右膝の上に載せます.
  3. 息を深くはきながら、上半身は仰向けのまま、下半身をゆっくり右側に倒し、左足の裏全体を畳の上に載せます。
  4. 下半身を再び仰向けに戻したら、左手を右足の下から通し右手と組み、右足を抱えたら=写真、右足を胸の方へぎゅっと引き寄せます(左足も同様)。


 
肩こりに
斜め後ろに両腕を広げ、腕をひねるようにして小指を上に向け


肩甲骨を寄せるようにしながら両手を後ろへくるくる回します


 
腰痛に
  1. 仰向けで膝をそろえて立て、輪っかタオルを腰と膝にクロスにして引っかけ(膝の方のタオルを広げると食い込まず痛くない)=写真、そのまま膝を前に押します。
  2. 膝の重みを利用し、振り子のように左右に振ります=写真。再び膝をそろえて立てたら、太ももが垂直になるくらい膝を持ち上げ(写真・矢印)、足のかかとを宙に浮かせ、そして床につけます。それぞれ20回ほど繰り返します。
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る