読者のオリジナルレシピ

2016/10/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
読者考案おにぎらず5品
好きな具材を自由に包もう
各家庭のアイデアが分かると作るのも楽しい

 実りの秋です。おいしい食材がたくさん食卓に並びます。もちろん新米も主役の一つ。おいしいおこめでつくる、「我が家自慢の」おにぎらずを、アスポの読者のママ友の3人に紹介してもらいました。

飯村かおりさん 西岡由香さん 小熊寛美さん

ポイント
  • ご飯にはあらかじめ味付けをしておく。
  • のりはひし形の方向に置く。
  • ご飯の上にサラダ菜(2枚くらい)を乗せてから具材を置く。
  • 具は気持ち多めに乗せる(包むときに圧縮するため)。
  • 切る方向に気をつける(ベーコンやちくわが2分の1サイズになるように)見た目もきれいでおいしそうに見える
  • ラップを少しひっぱりながらきつめに包む


 
ボリューム満点
●ガツンとドライカレー ●明太とろマヨネーズ

飯村かおりさん
テーマ 食べ盛りの兄弟やパパにも満足してもらえるようなボリューム満点、行楽おにぎらず。

 
ガツンとドライカレー
(写真左から2番目)

具材 ドライカレー(あらかじめ作っておく)、目玉焼き、サラダ菜

作り方 ドライカレーは少し濃い目の味付けにします。目玉焼きの代わりにゆで卵でもOK。

 
明太とろマヨネーズ
(写真左から1番目)

具材 明太子(2分の1本)・スライスチーズ(1枚)・マヨネーズ・サラダ菜

作り方 スライスチーズをいれることでコクをだします。明太子の代わりにたらこでもOK。

 「塩で軽く味付けをしたご飯の上にドライカレーはのせます。半熟の目玉焼きがお勧め。残った場合は少し温めて朝ごはんにも最適です」



 
火を使わずに・・・
●シャキシャキきゅうツナ巻き ●オムライス風ケチャップごはん

小熊寛美さん
テーマ 部活動の練習や試合にパパッと朝ラクおにぎらず。「両方ともフライパンを使わずに簡単にできます。」

 
シャキシャキ
きゅうツナ巻き
(写真左)

具材 ツナ、きゅうり、タルタルソース、ごま・酢飯の素(粉末)

作り方 きゅうりは千切りにして、ツナはタルタルソース(味付けが楽チン)で和える。

 
オムライス風ケチャップごはん
(写真右)

具材 卵焼き、ベーコン(4枚)、サラダ菜

作り方 ご飯にケチャップ、粉末コンソメをかけ、軽く混ぜる。小さめのお椀に卵1個を割り、牛乳・塩・コショウ(全て少々)をいれ軽く混ぜる。とろけるチーズ少々を入れ、レンジで1分程加熱し、卵焼きを作る。ベーコンもオーブンで加熱する。



 
ちくわにチーズ
●ちくわふう(ちくわ+和風)ぎらず

西岡由香さん
テーマ 卵アレルギーのある子どもでも、しっかり食べられるように卵を使わないおにぎらず。

 
ちくわふう(ちくわ
+和風)ぎらず

具材 ちくわ(2本)、チーズ(1枚)、かつおぶし、しょうゆ、ごま油、サラダ菜

作り方 ちくわは縦半分に切り、4本並べ、その上にチーズを乗せる。オーブンで軽く焼く。かつおぶしをしょうゆとごま油で混ぜる。ご飯は塩を軽くふり、味付けをしておく。

 「ちくわはチーズを乗せて焼くことでバラバラにならず、ご飯の上に乗せやすくなります。」



 
番外編
●おやま和牛とやまといものおにぎらず

★クックパッド1位獲得!
   小山市役所の栄養士が考案、市の特産品おやま和牛とヤマトイモを使った「おやま和牛とやまといものおにぎらず」。料理検索サイト「クックパッド」が昨年11月に行った「第2回ご当地おにぎらず総選挙」で1位を獲得したレシピを紹介します。

おやま和牛の混ぜご飯でシャキシャキ食感のヤマトイモをサンドしたおにぎらず
 
具材(2個分)

 ごはん2膳分、おやま和牛(牛肉)の薄切り60g、ゴボウ30g、まいたけ30g、A(しょうゆ、水各大さじ1、酒、みりん各大さじ1/2、砂糖小さじ1)、ヤマトイモ(円筒棒状形のナガイモ2~3cm)、柚コショウ好みの量、好みの野菜(今回は紫キャベツ、スプラウト)各適量、焼きのり全形2枚

  1. ゴボウは斜めにスライスし細切りにする。まいたけは細かくほぐす。ヤマトイモは薄い輪切りにする(6~10枚)。
  2. フライパンにAを合わせ、ゴボウを入れ、煮汁が半分になるまで煮詰める。
  3. 牛肉とまいたけを入れ、煮汁がなくなるまで煮る。
  4. 火を止めたらあたたかいご飯を混ぜ合わせる。
  5. のりの中央に4.のご飯1/4をのせ、その上に輪切りにしたヤマトイモ3~5枚をのせる。お好みで柚コショウを塗る。好みの野菜(今回は紫キャベツとスプラウト)をのせ、さらにごはん1/4をのせて、のりで包む。

(問)市農政課 0285・22・9267

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る