今年の秋は味覚を訪ねてみよう~栃木・佐野・大田原・那須烏山・宇都宮

2016/8/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふらりプチ旅とちぎ 8月も今日で最後。立秋はとっくに過ぎていても、まだまだ暑い日が続きそうです。さて、アスポリポーターが日頃の取材などで仕入れた、とっておきの情報をもとに、おススメの旅を紹介するこのコーナーですが、今週は特別編として、秋の味覚に迫ってみました。少し早い〝小さな秋〟をお届けします。

 5人のレポーターが、リンゴ狩り、ナシ狩り、ブドウ狩り、クリの収穫、サツマイモの収穫と5つのプチ旅を紹介。それぞれが、自らの担当エリアにある観光農園などを訪ねました。生育状況や、収穫できる期間など、参考になる情報がたくさんです。

 もちろん、ここに挙げた農園やフルーツパーク以外にも、たくさんの場所があります。秋の味覚、待ち遠しい限りですね。

いわふねフルーツパーク
栃木
●ブドウ ~9月下旬
丹精込めておいしい果物作りに取り組む小倉さん

いわふねフルーツパーク
■栃木市岩舟町下津原1585
■0282・55・5008
■午前8時半~午後5時
■フルーツ狩りは午前10時、11時、午後1時、2時、3時の各30分
■月曜休(祝日は営業)

 三毳山のふもと、とちぎ花センター向かいにある同園で、果樹担当の小倉悌司さんに、ブドウ狩りについて伺うと「今が旬、露地栽培の巨峰を摘み取って、お持ち帰りできます。今年は色づきも良く、果汁たっぷり、甘くておいしい巨峰が楽しめます」と教えてくれました。担当者が摘み取り方やお勧めの食べ方などを説明し、試食用の巨峰も用意しています。

 1kg以内摘み取り(試食付き)1400円。試食のみ(同伴者限定)400円。要予約。9月下旬まで(ブドウの状況による)。

 ナシ狩りも11月中旬まで楽しめます(時期によって品種は異なる)。(S)


川村果樹園
佐野
●ナシ ~9月末
写真右から3代目の川村邦彦さん、妻の梨恵さん、母の信子さん、父の貞夫さん、甥の航君

川村果樹園
■佐野市上羽田289の1
■0283・21・3011 
■午前9時~午後6時
■シーズン中無休

 佐野の名産品として知られる「ナシ」と「モモ」の直売所22店が軒を連ねるフルーツライン沿い。

「暑さのおかげで今年は糖度の高いナシができました」と、話す川村邦彦さん(37)。味の良さで人気の高い品種「幸水」「豊水」「あきづき」「にっこり」を中心に栽培しています。

 ナシ狩りの期間は9月末まで。買い上げ料は1㌕600円。試食もたっぷり用意されています。

 直売所の営業は11月中旬までで9月はリンゴ、10月はカキやキウイも販売します。(H)


ポッポ農園
大田原
●ブドウ 9月1日~10月末
農園に生える8000株のイモ。「今年の出来も上々」と組合長の斉藤一美さん

ポッポ農園
■大田原市片田1198の2
■0287・54・4368
■午前9時~午後5時
■9月は火曜休、10月は無休
■Pあり

 清流・那珂川沿い、サツマイモ栽培に適した砂地の中で育つポッポ農園のおイモは「甘くておいしい」と評判も上々。毎年この時期を楽しみにしている方も多く、去年も完売になりました。

 今年も紅あずまをメーンに約8000株が畑の中でスクスク生育中。「甘味が強くなるのは9月下旬から10月中旬にかけて。ふかしただけや、天ぷらがおすすめ」と組合長の斉藤一美さん(73)。

 イモ掘り体験は9月1日~10月末日まで(予約不要)。1株120円。また、農園内には、日本一長い1周1200mのミニSLやゴーカートなどでも遊ぶことができます。(T)


髙森栗園
那須烏山
●クリ 9月10日~10月10日
夏場の斜面での作業に汗を流す髙森さん夫妻

ポッポ農園
■那須烏山市中山1507
■0287・84・2269
■午前8時~午後5時ごろまで

 のどかな里山の一角、約5㌶の斜面に2000本のクリを栽培。主に「丹沢」「国見」「利平」「ぽろたん」「銀寄」を栽培しており、9月10日から10月10日まで、丹沢から順に旬を迎える品種のクリ拾いが楽しめます。

 斜面での栽培はきつい作業ですが「その分水はけが良いので、ほくほくしたクリになる。今年は日をたっぷり浴びて甘みが増すね」と髙森耕一さん(74)、通代さん(70)夫妻は笑顔を見せます。

 入園料・個人は無料、団体は中学生以上300円。クリ1kg当たり500円(利平とぽろたんは600円)。(K)


半田りんご園
宇都宮
●リンゴ 9月下旬~12月中旬
化学肥料は避けて、できる限り自然な状態で育てています

半田りんご園
■宇都宮市石那田町1576
■(場所は電話で確認を)
■028・669・2448(ファクス兼、直売所)
■午前9時~午後5時

 日光連山から吹き下ろす風が半蔵山に当たり、冷気の吹き溜まりとなる地域で、「パリッと締まりのいいリンゴができるんですよ」と半田俊江さん(50)。戦後間もなく栽培を始め、樹齢70年になる木も残ります。

 収穫期間は9月下旬から12月中旬まで。品種は20種以上。品種別の食べ比べも楽しめます。紅玉は10月上旬から。黄色い皮の名月は10月下旬から。一番人気のふじは11月上旬から。予約は電話かファクスで。入園料は無料。1kg500円。直売所を併設、10月以降から12月上旬までがお勧めです。(N)

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る