県内在住外国人の母国カレー

2016/6/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本・・・ジャナイ カレー
香り、こく・・・スパイスは故郷への思い

  梅雨真っただ中です。そしてその先は夏。この時季は何となく食が細ったり、麺類や冷たいものを取りがち。そんな時、スパイスの効いたカレーは食欲増進の“強い味方”。ところで、外国ではどんなカレーを食べているのか、気になりませんか? 県内に住む3人の外国人の方に、それぞれの国の特色あふれる、自慢のカレーを紹介してもらいました。


 
フィジー共和国 フィジー
好きな具材をミックス

フィジーのカレー フィジー共和国出身で高根沢町在住のカラワレヴ・レオネ・グキレワさん(54)、グキレワ・サロテさん(54)夫妻によると「フィジーのカレーはインド風」と言います。かつてイギリスの植民地だったフィジーには、多くのインド人労働者が移民させられた歴史から、現在国民の40~45%がインド人とのことです。

 よく食べるというカレーには、インドのスパイス・ジィーラ、ターメリック、ミートマサラのほかガーリック、ジンジャー、オニオン、チリパウダー、塩、オリーブオイルを使用。「ポテト、ニンジン、パンプキン、ナスは必ず入れます。決まりはないのでミックスビーンズなど好きなものを入れます。私はお肉よりも缶詰のツナを入れるのが好きです」とレオネさん。

 サロテさんのツナ入りのカレーは、スパイスの香りが程よく漂い、なじみのある野菜の甘みとツナの風味がマッチしています。フィジーではタイ米を食べますが、今は「とてもおいしい」と笑顔を見せる日本のお米(ご飯)と一緒に食べています。


 
インド インド(ナガランド州)
水なし、蒸してうま味を

インド(ナガランド州) 「日本のカレーはインドと違って、味も匂いも柔らかいです」と、昨年12月に日本に来たばかりのベロ・ルイパさん(38)。現在は那須塩原市にある「アジア学院」のスタッフとして働くベロさんの出身国、インド・ナガランド州の味を再現してもらいました。

 「肉は1カ所だけでなく、色々な部位を食べることでおいしく食べられる」。村の長老からの言い伝えを守り、今回もチキンは、モモ、ササミ、手羽と3つの部位を使用。

 スパイスは塩・ターメリック・チリパウダー(ナガランドでは世界一辛い「キングチリ」を入れます)・チキンマサラの4種類を振り、玉ねぎのスライス、油を注ぎ、よく手でもみ込みます。そのまま10分程度漬け込んだら、ジャガイモを入れ、鍋に火をかけます。日本との大きな違いは、水は一切使わずに、ふたをして、蒸して作る点。最後にコリアンダーを入れ、軽く火を通したら、「ベロ流チキン料理」の出来上がり。スパイスと肉のうま味が感じられる一品です。


 
バングラディシュ バングラディシュ
香りご飯と共に・・・毎夕食

バングラディシュ 日本に来て18年、現在は足利市内の小学校のEAA(英語活動協力員)として、活動しているアクタル・アメナさん(38)。

 毎晩、夕食には肉、魚をカレーにした料理が並びます。肉料理は主に鶏肉と牛肉、魚料理は、故郷では海沿いに住んでいたのでいろいろな魚を食べていました。「イリシュ」という魚の人気が高いそうです。

 基本のスパイスは、ターメリック、コリアンダー、クミン。ショウガとニンニク、玉ネギもたくさん入れます。卵料理も人気でゆで卵も必ず添えられます。

 人を招いた時の料理ではレーズンやプラムを入れたり、玉ネギをじっくり炒めたブラウンオニオンを添えたりします。

 米(AromaticRice)は、ベイリーフ、カルダモン、シナモンなどのスパイスを加え香りが立つまで炒めた後、沸騰したお湯を多めに入れ、さらに牛乳、塩、ローズウオーターを加えて炊きます。古いお米でもふっくらおいしく食べる知恵ですが、香りの良いご飯は家族みんな大好きです。

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る