簡単スープレシピ4品

2016/4/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単スープレシピ
手間かからず栄養たっぷり

 春を迎えて、仕事も遊びも何かと忙しい時期ですね。でも1日を元気に始めるための朝食は欠かせません。そこで今回は簡単にできるスープレシピ3品を足利市で料理教室を開いている栄養士の市野沢美穂さんに教えていただきました。
※レシピはすべて2人分です。

花粉症対策スープ
腸内環境を整える
花粉症対策スープ
  1. ジャガイモ1個は皮をむき一口大に切る。
  2. ゴボウ5㎝は洗って大きめの斜め切りにする。
  3. アスパラ1本は穂先だけ取っておき、残りは2㎝くらいに切る。
  4. 1.~3.をレンジに5分かける。
  5. 鍋に水と固形コンソメ1個を入れ沸騰直前にヨーグルトを加えひと煮立ちさせる。
  6. 4.5.をミキサーにかける。 

    ※腸内環境を整えてくれるヨーグルトを使用。温かいスープで食べやすくしています。


はるさめスープ
韓国風で食欲増進
はるさめスープ
  1. レタス1/2枚、ザーサイ適量は千切りにする。ニンニク1/2片はスライスする。
  2. 鍋に水400㏄と韓国調味料(韓国風だし)小さじ1を入れ煮立ったらはるさめ適量を入れ火を通す。
  1. 2.1.を入れる。
  2. 長ネギ10㎝は白髪ネギにして飾る。

    ※最近では身近なスーパーでも手に入るようになった韓国調味料を使い味を引き締めました。具だくさんの食べるスープはダイエットにも。


みそミルクスープ
体を温めてくれるスープ
みそミルクスープ
  1. キャベツ1/2枚は一口大、ウインナー2本は3㎜、ニンジン5㎝は輪切りにする。
  2. 鍋に水200㏄を入れ沸騰させ1.を入れて煮る。
  1. ニンジンに火が通ったら、ミニパスタ大さじ2、みそ大さじ1を入れて溶く。みそが溶けたら牛乳200㏄を入れる。

    ※体を温めてくれるスープです。みそと牛乳のちょっと不思議な組み合わせを楽しんでみて。ガーリックパウダーやニンニクのすりおろしを加えるととんこつ風に変わります。


ミネストローネ
食物繊維たっぷり
ミネストローネ
  1. 玉ネギ・ジャガイモ各1/4、キャベツ1枚、ニンジン・厚切りベーコン角3㎝をそれぞれさいの目に切る。 
  2. 鍋にオリーブオイル大さじ1をしき1.を炒める。
  3. 火が通ったら水と押し麦を加え5分煮る。
  4. トマト水煮(今回はカットしてあるものを使用)100gとコンソメを加えひと煮立ちさせる。

    ※押し麦は食物繊維が豊富なので便秘解消にもおすすめです。そのままサラダにかけても。
メモ
  • 具材を用意して鍋に入れるだけで簡単にできるスープレシピです。材料の下ゆでも必要ありません。塩を使用していませんが、素材のうま味は十分に楽しめると思います。少し物足りなかったらコショウなどスパイスを足してみて。


市野沢美穂さん 市野沢美穂さん
栄養士。
市内の公民館で料理教室の講師を務める傍ら自宅で料理教室「mercicooking」を開く。  
http://mercicook.exblog.jp
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る