ふらりプチ旅とちぎ「春の里山で見つけよう!懐かしき風景~那須」

2016/3/30
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふらりプチ旅とちぎ 身近なのに知らなかった「ひと」「もの」「こと」。そんな再発見や新発見を求め月1回、アスポリポーターが独自の視点と興味を持って県内を巡ります。(第3回目)

   あ、この香り、景色・・・
   タイムスリップ!

  桜の花便りが届き始めました。今回は「春の里山で見つけよう!懐かしき風景」をテーマに、タイムスリップin那須町芦野・伊王野編です。

  まず那須町との境、大田原市両郷にある「天宮のパン」で旅のお供を購入。そのまま那須町の遊行柳を目指します。奥にある「上の宮温泉神社」まで、のんびりお散歩。イ草の懐かしい香りに誘われて入った「大島畳工業」。そこから伊王野方面に少し車を走らせ「平井菓子店」へ。古道具がズラリ。裏手にある竹林には平坦な遊歩道があり、幻想的な雰囲気が味わえます。さらに南進し「菊地商店」と「駄菓子屋 ちゃ色」が見えてきます。ここでお土産を買って旅は終了。

 「えっ!」と驚く発見が続きましたが、もちろん桜の名所もたくさん。お花見と併せてお楽しみください。

天宮のパン
map1
天宮のパン
4月から、豆乳を使ったパンも新発売の予定

天宮のパン
■大田原市両郷412の1
■TEL:080・9981・5417
■午前10時~午後4時(なくなり次第終了)
■月・火曜休
■Pあり

 大きな目印はなく、頼れるのは看板だけ。美しき里山の中にひっそりとある天宮のパン(map1)に到着。旅の始まりはここからスタート。迎えてくれたのは店主の星田裕美子さん(36)。お薦めの「いちごジャムコッペ」や人気の「角食パン」など約25種類のパンからいくつかを購入。売り切れ必至なので、予約がお勧め。



上の宮温泉神社
map2
樹齢700年越えの大杉 樹齢700年越えの大杉

 那須町に入り、上の宮神社(map2)へ。パワースポットと噂の樹齢400年の「大イチョウの木」からたくさんエネルギーをもらった気分に。

大イチョウ
大イチョウ

〝パワースポット〟 巨木を巡ろう!
今回訪れた「上の宮温泉神社」のほかにも、天然記念物指定の巨木があります。お時間がある方はぜひ訪れてみてくださいね。


大島畳工業
map3
大島畳工業の大島さん
大島畳工業の大島さん
イ草には心を落ち着かせてくれる作用があるんです
…大島さん

 
大島畳工業
■那須町芦野2770
■TEL:0287・74・0017
■午前8時~午後6時
■日曜休
■Pあり

 続いて大島畳工業(map3)で「い草のパスタ」を販売していると聞きつけ訪ねました。イ草の香りがプ~ンと漂う店内。「この香りで『畳って、やっぱりいいな』って思ってもらいたい」。イ草愛が止まらない店主の大島一行さん(39)。「畳をもっと身近に…」と、国産のイ草だけを詰め込んだ「イ草枕」や名刺入れなどここでしか買えない「畳アイテム」を制作。お土産にも最適です。「…ところでパスタの方は?」、気になる方はぜひ足を運んで。

い草のパスタ
い草のパスタ


平井菓子店
map4
中にはリツ子さんのご主人、昭夫さんが集めたものも

 そこから車で5分の平井菓子店(map4)に立ち寄りました。昭和初期に使われていたストーブやラジオ、鍬(くわ)などが並んでいます。気になったのは珈琲ミル。じーっと眺めていたら、「それね、まだ使えるの。キレイにすればね」。そう笑って話してくれた平井リツ子さん。お店裏手に広がる竹林で平井さんの案内で、のんびり10分程度の散策。青々とした竹を見上げると、何度も深呼吸したくなりますよ~。

おばあちゃんが残してくれたの。せっかくだから飾っておくけど、中には使えるものもあるのよ
…平井さん
上ばかり見ていたら「いがぐり」を踏みました。足下注意!


菊地商店
map5
子どもも大人も見ているだけでわくわく

 さらに南に向かい、菊地商店(map5)に。店内にはチョコレートがいっぱい。かぼちゃ味やチーズ味などの変り種チョコレ ートからお好みを探してみるのも楽しいです(約15種類、各245円)。お店を出る前に「ちょっと待った~」、店内奥にはジオラマの鉄道模型が隠れていました。動かしてほしいときは「スタッフ~」と一声を。

菊地商店
■那須町伊王野1882
■TEL:0287・75・2025
■午前9時~午後5時
■月・火曜休
■Pあり


駄菓子屋 ちゃ色
map6
駄菓子屋 ちゃ色
まるで「おもちゃ箱」のような懐かしい玩具があふれる店内
こごに来て、子どもの頃を思い出してくれで、一瞬でもいいがら気持ぢや体が軽がった頃に戻ってくれっとうれしいな
…昭るりさん

 今回の旅で一番訪れたかった場所、昭和39年を再現したお店、駄菓子屋 ちゃ色(map6)に到着。扉を開けると数万円するレアもののおもちゃや数十円の駄菓子の数々。「来るたんびに新しい発見があったらおもしろいべ」と、栃木弁満載の店主の昭るりさん。店の雰囲気、モノ、匂い、童心に返ったように、全てが懐かしくて「何時間でも、ずっと居たい…」そう思う場所でした。(T)

駄菓子屋 ちゃ色
■「菊地商店」敷地内
■土・日のみオープン
■営業時間は午前9時から(イベントなどで休みもあり)



map 今回訪れた所(約3~4時間コース)
map
1
天宮のパン
map
2
上の宮温泉神社
map
3
大島畳工業
map
4
平井菓子店
map
5
菊地商店
map
6
駄菓子屋 ちゃ色
 
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る