ふらりプチ旅とちぎ「あったか おいしい気分~芳賀路」

2016/1/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふらりプチ旅とちぎ 身近なのに知らなかった「ひと」「もの」「こと」。そんな再発見や新発見を求め、アスポリポーターが独自の視点と興味を持って県内を巡ります。月1回の「小さな旅」が今回から始まります。

   味、思い・・・
   ほっとな出会い

 大寒を過ぎて冬本番はこれから。寒いからと家にこもっているばかりでは、冬がつまらなくなってしまいます。「寒い時季こそあったかくておいしい気分になれるドライブに出掛けよう」と冬の芳賀路であったか、おいしい気分をテーマにドライブです。

 今がまさに旬のイチゴ。王国栃木の一大産地でやっぱりイチゴ狩りは外せません。スタートは「はが苺園」から。続いて、いつもは通り過ぎてしまっていたけれど、扉の向こうを見てみたかった岡部記念館「金鈴荘」。気になるあの謎を聞きに中華料理店「文珍楼」へ。さらに近所の通り沿いにあるパン小屋「ピエトラ」にちょっと立ち寄って。冬の芳賀路は発見がいっぱいでした。

はが苺園
map1

いちご 道の駅はがのすぐ南にあるはが苺園(map1)では話題の「スカイベリー」と「とちひめ」のイチゴ狩りが楽しめます。「とちひめ」を選び、ハウス内へ。真っ赤に実ったとちひめは〝ハウスで輝くルビー〟です。 ひと口かじって、そのジューシーな甘さに感動。同園の髙松秀夫社長(63)は「甘くておいしいイチゴを作るために生産者はみんないろんな工夫をしてるよ」と話します。小さなイチゴから大きな幸せをもらいました。

はが苺園
■芳賀町祖母井756の1
■TEL:028・677・0715
直売所:午前9時~午後3時
イチゴ狩り:午前10時、同11時、正午、午後1時、同2時から(30分制。4月中旬ごろまで完全予約制)
小学生以上1600円、未就学児800円
■水曜休
■Pあり

岡部記念館「金鈴荘」
map2

岡部記念館「金鈴荘」 のどかな田園地帯を真岡市中心部に向けてドライブすること25分。岡部記念館「金鈴荘」(map2)を訪ねると、隣接する真岡木綿会館織姫(おりこ)の鶴見純子さんが案内してくれました。

 この建物は、明治中期に岡部呉服店2代目岡部久四郎が、10年余りの歳月を費やして建築した商談のための別荘。「特に約17mの一本の杉のはりや芭蕉布の襖(ふすま)を見ていただきたいですね」と鶴見さん。重厚な銅板の扉、金箔(ぱく)を5層施した襖など、ため息の連続でした。

岡部記念館「金鈴荘」
■真岡市荒町2096の1
■TEL:0285・83・2560(真岡木綿会館)
■午前10時~午後4時(入館受け付け)
■火曜休 できるだけ事前に連絡を
■Pあり
■入館無料 庭園の見学は土・日曜、祝日のみ

「真岡もおか着物DEまちあるき」のポスター ぶらっと歩いていると久保記念観光文化交流館前で「真岡もめん着物DEまちあるき」のポスターを発見。市観光協会事務局の川田英治さんによると「真岡木綿の着物を着て門前のまちあるきとランチを楽しんでいただくコースがお薦め」。

「真岡もおか着物DEまちあるき」
真岡木綿の着物でしっとりと。
問い合わせは、市観光協会
TEL:0285・82・2012


真岡の中華屋 文珍楼
map3
中華屋文珍楼店主の白川文夫さん
俺の叔母ちゃんが、必ずお茶菓子に揚げ餅を出してくれた。あんまりうまいんで作り方を教えてもらって、自分で作れるようになったころ、叔母ちゃんが亡くなった。その時、せっかくだから真岡の名物にしよう、叔母ちゃんも喜んでくれるだろうと、8年ほど前本格的に売り始めたんだ。

 ぶらっと歩いていると久保記念観光文化交流館前で「真岡もおか着物DEまちあるき」のポスターを発見。市観光協会事務局の川田英治さんによると「真岡木綿の着物を着て門前のまちあるきとランチを楽しんでいただくコースがお薦め」

 おなかもすいてきたし〝あの謎〟を聞きに真岡の中華屋 文珍楼(map3)へ。今では大人気の「ばぁちゃんのあげもちだっぺ」(全9種類)。中華料理店なのになぜ揚げ餅なのか、「文珍タンメン」をいただきながら店主の白川文夫さん(61)に教えてもらいました。揚げ餅のエピソードからはふるさと真岡と「天国のばぁちゃん」を愛する白川さんの熱い思いが伝わってきました。

真岡の中華屋 文珍楼
■真岡市東郷612の1
TEL:0285・84・7555
■午前11時半~午後2時、午後5時半~同8時
■火曜休(都合により休業も)
■Pあり
■ばぁちゃんのあげもちだっぺ280円、文珍タンメン700円



コッペパン ピエトラ
map4

コッペパン ピエトラコッペパン ピエトラのオーナーの石川貴之さん その帰り道。コッペパン ピエトラ(map4)の看板に心が躍り、立ち寄りました。個性的な小屋の中にコッペパンやバゲットなどが並び、オーナーの石川貴之さん(39)が笑顔で迎えてくれました。

 石川さんが「パンだけど、米に近いような香り、特にもちっとした食感にこだわって焼いている」というパン。このバゲットと赤ワインを味わいながら、今夜はドライブの余韻を楽しもう。 (K)

コッペパン専門店 ピエトラ
■真岡市田島1135の2
TEL:0285・82・9292
■午前11時~午後6時(売り切れ次第終了)
■日・月曜休
■Pあり
■バゲット300円、コッペパン130円から(約20種類から日替わりで提供)

map 今回訪れた所(約4~6時間コース)
マップ
map
1
はが苺園
map
2
岡部記念館
「金鈴荘」
map
3
真岡の中華屋
文珍楼
map
4
コッペパン専門店
ピエトラ
デザインマンホール
市内に50カ所以上もあるデザインマンホール。探してみよう!
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る