手作り年賀状に挑戦

2015/11/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
 来年用のお年玉付き年賀はがきが先月29日から発売されています。インターネットやスマホの普及もあり、年賀状を出す人も減っているようですが、日本郵便によると約30億2000万枚の発売を見込んでいるそうです。来年の年賀状は、ちょっと違った手書きで出してみてはいかがでしょう。縁起のいい富士山を題材に、スチレン版画とパステルアートで描く年賀状を紹介します。
手書きで
心もほんわか年賀状

スチレン版画
ボールペンで描き版を彫る
スチレン版画の年賀状 下準備

 柔らかな素材「スチレンボード」を使った版作りは、カッターなどは使わずに、簡単に作れます。那須塩原市でスチレンやドライポイント版画のワークショップを開催(不定期)している宮川唯津美さんに教えてもらいました。

下準備

 スチレンボード(3~5mm)と、トレーシングペ ーパー(以下、スチレン、トレペ)をはがきより左右縦横5mmほど大きく切り取る。作りたい枚数のはがきを、水をはったボウルに入れ、湿らせ、タオルで軽く拭き取る=写真。湿らせすぎると絵の具がにじむので注意。

下絵を作る

 はがきと同様サイズの用紙にデザインを書く。使う絵の具は2~3色で、絵と文字は大きくする。色が付かない(白)部分は隣合わないようにする。

作り方
  1. 下絵とトレペを動かないようにテープで固定し、トレペにデザインを写す。
  1. 作り方2スチレンの上に1.のトレペを反転させ、テープで固定=写真。ボールペンでスチレンに傷が付くように下書きをなぞる(トレペがチリチリと切れるような音がする程度の力で)。
  1. 作り方3トレペを外し、スチレンが少し凹むように再度なぞる=写真
  1. 絵の具はあれば「版画水性絵具」、筆は硬め(油絵用)などを準備 筆には水を付けず、塗る。
    版に色を塗る。絵の具はあれば「版画水性絵具」、筆は硬め(油絵用)などを準備=写真。なければ、ヤマトのりと水性絵具を1対1程度で混ぜ、少し硬めの絵の具を作る。

    筆には水を付けず、塗る=写真。水は筆を洗うときだけ使用。
  1. 作り方5下準備で湿らせていたはがきを宛名が自分に見えるようにして乗せる=写真。このあとは絶対に動かさないように。
  1. 作り方65.にあて紙をして、バレンでまんべんなくこする=写真
  1. 作り方7ゆっくりはがし=写真、十分に乾かしたら、完成。

スチレン版画の宮川さんスチレン版画の宮川さん
ドライポイント版画 ワークショップ

●12月12、13日午前9時
●You Studio(那須塩原市末広町)
●各8人(子どものみか親子)
●2000円
(申)電話で
(問)宮川さん 070・5597・0071



パステルアート
指や消しゴム濃淡付け描く
パステルアートで描いた年賀状

 指で描くお絵かき「パステルアート」の年賀状。足利や佐野を中心にワークショップを開いているパステルアーティストのkikoさんに教えていただきました。

用意するもの

 パステル(100円シ ョップで売っているものも可)、鉛筆、カッター、はがきサイズの紙2枚(表面がつるつるしていないもの)、消しゴム、練り消しゴム、おしぼり、定着液(ハードタイプのヘアスプレーでも代用可)。カッターマットや字消し板などもあると便利。

作り方
  1. 紙に山の形を描く 線に沿ってカッターで切る
    紙に山の形を描き=写真上、線に沿ってカッターで切る=写真下
  1. カッターの場合は直接紙の上に粉を落とす 指で塗り広げる
    1.の山の型紙をもう一枚の紙に合わせる。空の部分から色を塗る。好みの色のパステル(今回はピンクと紫)を粉にして(カッターの場合は直接紙の上に粉を落とす=写真上)指で塗り広げる=写真下。粉が散るのが気になる場合は別の紙の上に削り、指にとって広げる。
  1. カッターで紙を引っかくようにして山肌の筋をつけていく1.の空の型紙を山の型紙に合わせて紙の上にのせ、山の型紙を外す。山の部分でカッターで紙を引っかくようにして山肌の筋をつけていく=写真。紙を切らないように刃の向きに注意。ペンのキャップなどを使いあとをつけても良い。。
  1. パステル(今回は紫と赤)をカッターで削りながら振りかけ 指で塗り広げる
    山の部分に好みの色のパステル(今回は紫と赤)をカッターで削りながら振りかけ=写真上=指で塗り広げる=写真下
  1. 雲や光線などを消しゴムや練り消しゴムなどを使って入れる空の部分の型紙を外す。雲や光線などを消しゴムや練り消しゴムなどを使って入れる=写真
  1. 定着液をかけ、鉛筆でサインをしたら完成。

    ※一枚一枚思いを込めて描くのも良いですが、何枚か描いてみて、お気に入りの一枚をプリントして使うのもお勧め。


パステルのkikoさんパステルのkikoさん
パステルアート ワークショプ*「富士山」を描こう

11月27日午後1時半
●サンサンサロン(佐野市若松町)
●6人
●1800円
(申)(問)同店 0283・85・7847

12月26日午前11時~午後4時
●アピタ足利店
●1800円
●随時受け付け
(問)AYASPARTY 0284・72・1075



年賀状の受け付けは、12月15日から。
元日に届けるには25日までに投函(とうかん)を!

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る