日々おしゃれに 3人がお薦めするシニアのコーデ術

2015/9/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
3店舗に聞く シニアファッションアドバイス
150916front左から菊地百貨店の菊地里美さん、アウトレット&セレクト バルバリ宇都宮店の杉山貴子さん、Boutique プランツオーナーの阿佐美善枝さん
重ねた年も
  すてきなエッセンス
日々おしゃれに… 変身
 幾つになってもおしゃれでいたい! おしゃれや流行を楽しむ心に年齢制限はありません。「敬老の日」を前に、シニア世代の女性の着こなし術をご紹介。日頃 から自分スタイルのファッションを楽しんでいる70代のミセス4人に登場していただき、プロの目線からお薦めのコーディネートを教えてもらいました。

 
流行のパンツ合わせ、アクティブシックに
 「とても楽しかった。私の好きなピンクが入ったことで気に入りました」と笑顔を見せる金枝さん。
大好きな「ピンク」の花柄を生かしたコーディネート。ゆったりしたガウチョパンツで抵抗なく。カットソー8000円、カーディガン4900円、ガウチョパンツ3900円、ネックレス2900円

アウトレット&セレクト
バルバリ宇都宮店

宇都宮市江野町10の14 1F
TEL 028・634・2771
午前11時~午後7時
日曜休
www.zahst.co.jp

 若い頃からピンクとフェミニンな装いが好きという宇都宮市峰町の金枝右子さん(73)。自分の体形に合うブラウスを購入できたという同店の杉山貴子店長にコーディネートしていただきました。

 ことし流行のガウチョパンツと長め丈のカーディガンは袖をまくり、金枝さんが大好きなピンクの花柄のカットソーを生かしました。「花柄を見せたいのと、デコルテがとてもきれいなので、ショールではなくネックレスに」と杉山店長。普段と違った色使いとパンツスタイルで明るくて若々しいアクティブでシックな装いを演出したそうです。

着てみてひと言

 「とても楽しかった。私の好きなピンクが入ったことで気に入りました」と笑顔を見せる金枝さん。


 
スポーティーから 小物+ お出掛け着にも
 「動きやすさだけでなく、デザインにも個性があり、一枚でもおしゃれ。普段着としても活用できそうです」と、モデルの菊地キヌ子さん(72)
黒チュニック4280円、パンツ5080円、帽子3280円、スカーフ1580円、トータルで1万4220円(全て税込み価格)

菊地百貨店
大田原市新富町1の1の1
TEL 0287・22・2305
午前9時~午後7時
無休

 「スポーツの秋」。ウオーキングやグラウンドゴルフなどで、動きやすいシニア スポーティーファッションを大田原市「菊地百貨店」の菊地里美さんに教えてもらいました。

 今回はベーシックな黒のチュニックに色合いの薄めなグレーのパンツで秋らしい装いに。汗をかいても快適に着られる「麻」や「綿」素材を選ぶことがポイントです。袖は七部丈、首周りも襟付きなどカジュアル過ぎずに、きれいに見えるデザインを提案。グレーのほかにベージュ系のパンツでも軽快なイメージになります。

 明るめのスカーフをプラスすると、運動後にはそのままお出掛けスタイルとしても◎。屋外での活動には帽子も便利なアイテムです。

着てみてひと言

 「動きやすさだけでなく、デザインにも個性があり、一枚でもおしゃれ。普段着としても活用できそうです」と、モデルの菊地キヌ子さん(72)。


 
着心地よくエレガント、ビビッドでシックに…
 「コントラストの効いたはっきりした色合いが好み」と、話す杵渕弘子さん(72)。丸山綾子さん(77)は「ジーンズにスニーカーのようなカジュアルな格好をする時もありますが、ちょっと改まった席にも使えるツーピースがお気に入り」
丸山綾子さん=写真右。ブラウススーツ3万5000円。杵渕弘子さん=写真左。カットソーアンサンブル3万5000円、白パンツ1万5000円

Boutique プランツ
足利市八幡町1の19の16
TEL 0284・73・0085
午前10時~午後6時
日曜休

 ミセスの服も年々カジュアル化が進んでいると話すオーナーの阿左美善枝さん。杵淵さんは幾何学模様のカットソーアンサンブルに白のパンツを合わせたシックなコーディネートに。丸山さんのブラウススーツは、袖や襟にフリルがあしらわれたエレガントなデザインで生地はしわになりにくく、着心地は軽く柔らかに。「スカートよりも動きやすいパンツを選ぶ方がとても増えています。ブラウススーツはフォーマルにも着られるので根強い人気があります」 

 いつもおしゃれに気を使っているかどうかが、年を重ねるほど大きな差となって現れるもの。「おしゃれは普段からの心掛けを大切に」と阿左美さんは笑顔で話します。

着てみてひと言

「コントラストの効いたはっきりした色合いが好み」と、話す杵渕弘子さん(72)。丸山綾子さん(77)は「ジーンズにスニーカーのようなカジュアルな格好をする時もありますが、ちょっと改まった席にも使えるツーピースがお気に入り」

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る