涼を感じる日本酒

2015/8/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
20150819付フロント
  涼やか変化
日本酒の夏 

 暦の上では立秋もすぎ、もうすぐ暑さが止むという処暑。とはいえ暑さはまだまだ続きそう。夏の1杯といえばとりあえずビールですが、日本酒も最近は、冷酒だけでなく夏向けの商品が登場しています。暑い夏に涼を感じながら、爽やかに日本酒。そんなメニューを少しだけ紹介します。

■スパークリング
■カクテル&スイーツ

 

■スパークリング

 
大那純米吟醸スパークリング (720ml 1600円)
大那純米吟醸スパークリング(720ml1600円) 優しい自然炭酸ガスで、女性にも人気の1本
優しい口当たり甘味も

 日本酒の発酵には欠かせない「酵母」。生きたまま瓶詰めを行い、栓を開ける直前まで瓶内低温二次発酵を続けます。自然に生まれる炭酸ガスなので口当たりが優しく、スーッと抜けるような、米の甘味が広がる夏にふさわしい一本。

 毎年1000本限定出荷にこだわるのは「一本一本に心を込めて作りたいから」と、6代目蔵元の阿久津信さん(40)。クリアで爽やかな飲み口は、生の魚料理よりもバーベキューなどガツン系な肉料理と相性抜群です。また、冷蔵庫でキンキンに冷やしてお風呂上がりにたしなむのもお薦め。

■菊の里酒造
大田原市片府田302の2
電話番号 0287・98・3477



 
スパークリングゴールデンドライ門外不出(375ml 1296円)
スパークリングゴールデンドライ門外不出 (375ml1296円) ワイングラスで味わってみたい、新感覚の発泡日本酒
酸味とキレすっきり辛口

 小山市産「古代米」のみを使用した発泡日本酒(純米酒)。すっきりした酸味が特徴です。辛口の白ワインのように、キレが良く、くどくないので、食前酒、食中酒として楽しめます。

 「相性の良い魚料理のほか、和洋さまざまな料理と合わせて、新感覚の日本酒を味わってほしい」と西堀和男社長(56)。冷やしてストレートまたは、オンザロックがお薦めです。

 昨年9月発売、同12月リニューアル。

■西堀酒造
小山市粟宮1452
電話番号 0285・45・0035



 
スパークリングゴールデンドライ門外不出(375ml 1296円)
純米スパークリング「望(ボー)」 720ml1620円 香りと甘さが広がる純米スパークリング「望」
軽快で甘く飲みやすい

 この夏初出荷の新商品です。「甘く、飲みやすく、軽快な感じ。優しい炭酸が舌の上で広がります」と外池茂樹社長(56)。酒米は五百万石を使用。独自の製法にこだわり、親しみやすく、後味のよい味わいに仕上げました。ぜひ、トリュフチョコレートとご一緒に楽しんでください。

 同酒造では販売していませんが、関口酒店(真岡市)と国本屋酒店(上三川町)で取り扱っています。限定品なので、売り切れ次第終了。

■外池酒造
益子町塙333の1
電話番号 0285・72・0001

 

■カクテル&スイーツ

カクテル
混ぜて浮かべて表現自在に
昌平の夏(右)と昌平モヒート(左) 金魚鉢を思わせるグラスの「昌平の夏」(右)と「昌平モヒート」(左)

 同店のバーテンダー、原百合子さん(33)に作っていただいたのは、宇都宮酒造の「四季桜 今井昌平」をベースにしたカクテル。

 お祭りで飲むラムネをイメージした「昌平の夏」(900円)は、レモントニックと少量の日本酒を組み合わせたシンプルな味わい。カクテルの中にプカプカと浮かぶ金魚草がかわいらしく、見た目も涼やか。「アルコールが苦手な方にもお薦めです」と原さん。

 他に、キウイの食感が楽しい「昌平モヒート」(1200円)など全5種。日本酒の新たな魅力に出合えるカクテルがそろっています。

ウイスキーと果実酒 BARフルールドゥリス
宇都宮市本町6の9
電話番号 028・643・5050
午後7時~午前0時
定休日 日・月曜


スイーツ
絶妙な口溶け〝利き酒〟も
酒蔵めぐり手軽に銘酒の味くらべができる「酒蔵めぐり」。6種セットは1445円(税別)

 杉並木(栃木市・飯沼銘醸)、北冠(同市・北関酒造)、雄東(小山市・杉田酒造)、若盛(同市・西堀酒造)、若駒(同市・若駒酒造)、天鷹(大田原市・天鷹酒造)の県内6銘酒をゼリーで味わえる「酒蔵めぐり」(各223円、税別)。それぞれの特色と風味を存分に感じられるよう、アルコール度数を3%に抑えていて「ちょっぴり酔える」新感覚のスイーツです。

 そのまま食べれば、口の温度でふわりと溶ける絶妙な食感が、半日ほど冷凍庫に入れれば、シャーベット感覚で楽しめます。切り子など涼しげな器に入れ、ハーブを添えて食べるのがお薦めです。

パティスリーソワール
栃木市旭町24の9
電話番号 0282・24・6483
午前10時~午後7時
定休日 水曜

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る