簡単、朝食レシピ

2015/4/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
 身近な食材でアレンジ自在 簡単、和洋レシピ 20150415付フロント
元気の源 朝ごはん!

 新年度が始まり、子どもたちや1年生、新社会人も元気に新生活をスタートさせています。新しい環境で頑張るためにも、何かと忙しい朝、しっかり朝ごはんを食べてほしいもの。そこで、身近な食材を使い応用も利くごはんとパンの朝食メニューを足利市大久保町の「お米パン八」店主の小松原奈美さんに教えていただきました。

●献立は2~3人分


和食
お米の献立
卵焼きに好きな具材を
●しらす入り厚焼き卵、自家製なめたけ添え、セリごはん、みそ玉
しらす入り厚焼き卵、自家製なめたけ添え 厚焼き卵のバリエーションも楽しめる和食メニュー
 
厚焼き卵の作り方

 卵5個、シラス30g、塩小さじ1/8、砂糖大さじ1をよく混ぜ、フライパンで厚焼き卵を作る。粗熱が取れたら切る。

メモ
 厚焼き卵は、茹でた新ジャガやグリーンピース、枝豆やソラマメなどもよく合います。新玉ネギもおすすめですが、細かく刻みすぎると水っぽくなるのでざく切りにして作ると良い。
 
自家製なめたけの作り方

 ナメコ(※エノキでも良い)200gを熱湯で湯がいておく。小鍋にナメコとしょうゆ、みりん、酒各大さじ2を入れたら中火で煮る。5分くらいでとろみが出てくるので火が通ったのを確認して火を止める。
※冷蔵庫で2、3日保存可能です。


 
セリごはんの作り方
  1. セリ65gは葉と根・茎の部分に分けて細かく刻んでおく。
  2. フライパンにごま油小さじ2をひき、セリの根・茎の部分から先に炒める。火が通ったら葉の部分も入れ2分くらい炒める。
  3. しょうゆ小さじ1と塩小さじ1/4を加え全体になじむまで少しだけ炒める。
  4. 火を消し、白ゴマ小さじ1を加えて混ぜ合わせる。
    ※冷蔵庫で1週間ほど保存が可能。写真はごはんの上にのせていますが、最初からごはんに混ぜ込むと全体にセリの香りがゆきわたります。

菜の花を具にしたみそ玉
菜の花を具にしたみそ玉
 
みそ玉の作り方

 みそ50gとかつおの粉末5gをよく混ぜて(好みで刻んだネギやワカメなどを入れても良い)、3等分にしたら一つずつラップで丸めて包んでおく。おわんにみそ玉を入れお湯を注ぎ溶く。
※写真では具にゆでた菜の花を使用。みそ玉は冷凍保存ができます。


洋食
パンの献立
旬の野菜をたっぷりと
●ちりめんじゃことチーズのホットサンド、春の温野菜と新ニンジンの食べるドレッシング、スープ
パンの献立 パンのメニューは好きな野菜のサラダで、バランス良く
メモ
 ちりめんじゃことチーズのホットサンドは、キャベツの千切りをコショウとしょうゆで炒めたものを一緒にはさんでもおいしい。モッツァレラチーズとシソ、トマトの薄切りのホットサンドもおすすめです。
 
ちりめんじゃことチーズのホットサンドの作り方
  1. 食パン2枚を半分にカットし、チーズ30g(スライスチーズでも可)とちりめんじゃこ適量をはさむ。 
  2. ホットサンドメーカーもしくはフライパンにちりめんじゃこ適量を敷く。
  3. 2.の上にパンをのせ、ホットサンドメーカーでプレスして両面に焼き色が付くまで焼く。フライパンを使用する場合は、パンの上から皿やフライ返しなどで押し付けながら両面を焼く。

 
春の温野菜の作り方

 ブロッコリー、アスパラガス、キャベツ、新ジャガ、グリーンレーズンなどお好きな野菜を適当な大きさに切り、蒸し器で4、5分蒸す。


 
新ニンジンの食べるドレッシングの作り方
新ニンジンの食べるドレッシング
自家製ドレッシングで食欲アップ

 サラダ油大さじ4、酢大さじ2、塩・レモンの絞り汁・メープルシロップ各小さじ1/2、コショウ少々、すりおろしたニンジン45gをドレッシングボトル(空きビンでも可)に入れ、フタをしたら良く振って混ぜる。
※ニンジンの葉があれば刻んで入れても良い。冷蔵庫で10日くらい保存が可能。 


 
スープの作り方

 温野菜を少しスープカップに取り、スープブイヨン1人分、コショウを入れお湯を注ぐ。

「お米パン八」店主の小松原奈美さん 「お米パン八」店主の小松原奈美さん
(問)0284・91・0878
栃木県足利市大久保町1223
http://www.okomepan8.net/
facebook

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る